和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月08日(土)

県立医大病院に膵がんセンター 高難度な治療、研究に注力

和歌山県立医科大学付属病院に「膵がんセンター」を開設すると発表する山上裕機病院長(28日、和歌山市で)
和歌山県立医科大学付属病院に「膵がんセンター」を開設すると発表する山上裕機病院長(28日、和歌山市で)
 和歌山県立医科大学付属病院は、高難度な膵(すい)がんの診断や治療、研究などに病院を挙げて取り組もうと「膵がんセンター」を9月1日に開設する。高い実績を誇る高度治療技術を生かし、院内の各診療部門が連携して取り組む。他の医療機関や患者、家族、一般住民が治療について相談できる窓口も設ける。大学病院で膵がんに特化したセンターは全国初ではないかという。

 山上裕機病院長らが28日に記者発表した。山上病院長によると、膵がんは診断や治療が難しく、全国的に死亡者数が増えている。県内でも、2017年調査では、膵がん死亡者数は人口10万人当たり8・2人(全国6・9人)で、北海道、富山県に次いで3番目の多さとなっており、早期発見、早期治療が重要という。

 同病院ではこれまで、膵がん治療は消化器内科や消化器外科が主に担ってきたが、センターとして放射線科や病理診断科、糖尿病内科、臨床研究センターなども連携し、診断や治療、研究などを実施。患者支援センターやがん相談支援センター、看護部は情報提供や相談対応に当たる。

 医大病院はすでに、県内全域や大阪府南部の医師会や病院協会と協力し、膵がんの疑いがある患者に、超音波内視鏡検査を実施して早期に発見する「きのくにプロジェクト」を進めている。医大病院は「肝胆膵外科学会」から高度治療の実績が認められた医師が全国でも有数の多さといい、膵がん手術実績は全国でも8番目(17年)に多いという。標準療法では治らない患者を対象に、患者の細胞を使ったワクチンによる免疫療法などの研究も進めている。

 センターでは、これらを充実させ、早期診断、手術の高度化、新たな治療法開発について、取り組みを進めたいという。

 センターの相談窓口は073・441・0905。