和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月13日(水)

セルフGSでQRコード決済

店頭ではキャッシュレス決済をアピールしている(和歌山県田辺市内で)
店頭ではキャッシュレス決済をアピールしている(和歌山県田辺市内で)
 和歌山県内と大阪府南部でガソリンスタンドを運営する石橋(本社・和歌山県印南町)は、セルフ式のスタンドでスマートフォンなどを使ったQRコード決済サービスを導入している。

 同社は県内で9店舗、大阪府南部で3店舗の計12店舗を運営しており、印南営業所のセミセルフ店以外はセルフ式。キャッシュレス決済の広まりを受けて、昨年12月にQRコード決済サービスを導入した。現在使える決済事業者は、ソフトバンクとヤフー傘下の「ペイペイ」、無料通信アプリLINEが提供する「ラインペイ」。

 同店はカードに事前に入金してもらい給油する方式。キャッシュレス決済を使う場合、各スタンド内にある事務所で、スタッフとQRコードの読み取りをしてカードに入金する。

 現在キャッシュレス決済の利用は売り上げ全体の1割ほど。県内の店舗では、のぼりやポスターでアピールしており、大阪府の店舗より利用率が高めという。