和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月30日(木)

ダイハツ、9月に『COPEN』特別仕様車発売 発売20周年を記念、1000台限定

ダイハツのコペン20周年記念特別仕様車
ダイハツのコペン20周年記念特別仕様車
 ダイハツ工業(ダイハツ)の軽オープンスポーツカー『COPEN(コペン)』は、今年6月で初代発売から20年を迎えた。これを記念し、同9月に発売予定の特別仕様車の詳細を19日、公開した。

【画像】ダイハツのコペン20周年記念特別仕様車の内装

 初代『コペン』は誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発され、ユニークな外観デザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)などの高い商品性と「持つ悦び、操る楽しさ」という 新しい価値観を提供し、今もなお幅広い世代に愛されている。

 2014年に発売した2代目では、コペンの象徴ともいえる電動式開閉ルーフは継承しつつ、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を実現した。「Robe(ローブ)」「XPLAY」に加え、2015年に「Cero」、2019年には第4のモデルとして「GR SPORT」を発売した。

 発売20周年を記念して2代目として初となるテレビCMの放映を開始するとともに、 スペシャルサイトにて、これまでの「コペン」の歩みと特別仕様車の情報を公開する。この20周年記念特別仕様車は、1000台限定生産で、今年6月20日より全国一斉に先行受注を開始する。

 丸目のヘッドランプが初代を想起させる「セロ」をベースに、1台1台職人が手作りでつくりあげる「コペン」の上質さを際立たせる特別装備として、2代目に初めて本革製のスポーツシートを採用した。自然の中で美しく映える、アイボリーの内装色とシートのコーディネートに加え、20周年の記念エンブレムとシリアルナンバー入りのスカッフプレートで特別感を演出している。

■特別仕様車の概要
名称:コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)
駆動方式:2WD
トランスミッション:7速スーパーアクティブシフト付CVT車 5MT車
生産台数:1000台

【写真】無駄を省いたシンプルな 『ハイゼット トラック』インテリア
【写真】鮮やかなレッドにシックなブラウン…カラーバリエーション豊富な新型アルト
【写真】シンプルでスタイリッシュなスズキ『アルト』インパネ(HYBRID X)
【写真】こんなにバリエーションがあるの?ジムニーカスタムコレクション
【写真】ノーマルもクールでかっこいい…ジムニー&シエラ全カラーバリエーション
提供:oricon news