和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年06月25日(土)

東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

 T&D保険グループの大同生命保険株式会社(社長:北原 睦朗、以下「当社」)は、2022年2月より、東京大学医学部附属病院(病院長:瀬戸 泰之、以下「東大病院」)とともに、中小企業における「がんに対する意識とがん患者の就労状況」に関する共同研究を開始しています。
 その一環として、本年7月5日(火)、東京大学大講堂(安田講堂)にて、養老孟司氏をお招きした特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」が開催されます。

 「人生100年時代」といわれる現代では、年間約100万人が新たにがんと診断され、その約3人に1人が64歳以下※の「働く世代」です。今回の特別講演会は、共同研究の一環として、中小企業の「がんになっても安心して働ける職場環境づくり」への貢献を目的としたものです。

 当社は、こうした取組みを通じて、引き続き「中小企業とそこで働く人々が活き活きと活躍できる社会づくり」と「わが国の高齢化社会が抱える課題解決への貢献」を目指してまいります。

※「平成30年 全国がん登録罹患数・率報告」(2021年6月14日発行)
  編集:国立がん研究センターがん対策情報センター/発行:厚生労働省健康局がん・疾病対策課

<特別講演会の概要>
日 時:2022年7月5日(火)18:00~19:45(開場17:00)
場 所:東京大学大講堂(安田講堂)/ 東京都文京区本郷7-3-1
テーマ:働く世代のがんの早期発見と治療
主 催:東京大学医学系研究科総合放射線腫瘍学講座
    (東京大学産学連携共同研究:大同生命保険株式会社)
後 援:がん対策推進企業アクション/厚生労働省委託事業
内 容:①講演「職場のがん対策の重要性」
     東京大学医学系研究科総合放射線腫瘍学講座 特任教授 中川 恵一 氏
                          
[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2382/60105/150_165_2022062210354562b271f1507fd.png
    ②講演「過剰診断」
     東京大学医学系研究科総合放射線腫瘍学講座 特任助教 南谷優成氏
                          
[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2382/60105/150_167_2022062210361662b27210abd5e.png
    ③講演「医療と私 大病を経験して」
     東京大学名誉教授       養老孟司 氏
                          
[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2382/60105/150_161_2022062210363762b2722511be0.png
    ④パネルディスカッション
定 員:先着600名(要事前申込み)
参加費:無料

※詳細は別添チラシをご確認ください。(WEBライブ配信はありません。)



本件に関するお問合わせ先
大同生命保険株式会社 広報課 kouhou@daido-life.co.jp


プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/60105
提供: