和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年08月10日(水)

4回目接種の申し込み低調 みなべ町のコロナワクチン

 和歌山県みなべ町が2日から始める、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種の申し込みが低調だ。6月27日現在の申し込みは、接種券を送った60歳以上の半分強にとどまっている。町健康長寿課は「重症化を予防するために接種してもらえれば」と呼びかけている。

 対象は、60歳以上のほか、18歳以上で基礎疾患があるなどの3回目接種から5カ月経過した人。町は6月7日から順次、接種券の案内を発送している。

 60歳以上で、3回目の接種を終えた人は6月27日現在で4285人。そのうち同日までに2889人に接種券を送っているが、申し込みは1550人にとどまっている。

 接種は集団と個別があり、集団はこれまでと同じ同町東本庄の保健福祉センターでする。個別は今回から、これまでの1診療所から5診療所に増える。

 集団接種では初日、168人が予定している。集団接種は8月末までに終えたいという。

 59歳以下の世代にも6月14日から順次案内しており、基礎疾患のある人から接種していく。

 6月21日現在、12歳以上の町民1万1300人のうち、接種を3回しているのは72・4%。5~11歳653人のうち2回の接種を終えているのは18・7%。

 問い合わせはワクチン接種専用ダイヤル(0739・34・2855)へ。


■印南町ではほとんど希望

 印南町で4回目の対象となる人のうち、町から希望調査票を発送しているのは2888人。そのうち町に返答が届いている2450人をみると、ほとんどが4回目を希望しているという。

 4回目接種は2日から始め、2日と3日に4回目を予定しているのは715人。集団で、会場は同町印南の町体育センター。

 同町の4回目については、18~59歳で基礎疾患を有する人や、重症化リスクが高いと医師が認める人は、自己申告を受けて町が接種券を発送しているため、コールセンターへ連絡してほしいと呼び掛けている。

 同町の問い合わせはコールセンター(0738・20・9023)へ。