和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年07月11日(土)

岩田シャークス優勝 バッティングセンター旗学童軟式野球

優勝した岩田シャークス
優勝した岩田シャークス
市ノ瀬少年野球クラブ
市ノ瀬少年野球クラブ
 第1回「いちのせバッティングセンター旗争奪学童軟式野球大会」の決勝が1日、上富田町の岩田小学校であり、岩田シャークスが市ノ瀬少年野球クラブを2―0で破り、優勝した。

 田辺・西牟婁学童野球協議会など主催。いちのせバッティングセンター(上富田町市ノ瀬)と紀伊民報の後援。上富田、白浜、すさみの3町と田辺市から計9チームが参加した。

 同日にあった準決勝では、岩田シャークスが生馬少年野球クラブに13―0、市ノ瀬少年野球クラブがすさみ少年野球クラブに7―0で勝ち、決勝に進んだ。

【決勝】

市ノ瀬
 000 000 0―0
 100 001 ×―2
岩田

 決勝は1回に岩田が無死満塁のチャンスを生かして1点先制。6回にも1点を加えて差を広げた。市ノ瀬も懸命に打線をつないだが、岩田の堅い守備に阻まれ、得点できなかった。

 優勝した岩田シャークスの主将、前田海翔君(12)は「素直にうれしい。手ごわい相手だったが、勝ててよかった。これからも優勝できるよう頑張りたい」と喜びを語った。準優勝の市ノ瀬少年野球クラブ主将、松本理功君(11)は「初めての決勝で、チームのみんなも緊張していた。今回の結果を生かして、次の大会では優勝したい」と話した。

 8月31日にあった1、2回戦の結果は次の通り。

 1回戦=市ノ瀬11―0日置川
 2回戦=岩田7―0鮎川、生馬8―6朝来、すさみ10―0白浜白球、市ノ瀬4―1富田