和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月13日(水)

Strekin AG、急性感音難聴のための薬品STR001開発完了と欧州での新薬申請準備に向け、資金調達に成功

Strekin AG、急性感音難聴のための薬品STR001開発完了と欧州での新薬申請準備に向け、資金調達に成功

AsiaNet 80273


【バーゼル、スイス、2019年9月3日、PRNewswire】臨床病期のバイオ医薬品開発会社として知られるStrekin AG (www.strekin.com)が、シリーズA資金調達ラウンドを成功裡に終え、民間投資家から合計282万スイスフランを確保した旨を本日発表しました。この資金により、Strekinは急性感音難聴の患者への新薬STR001についてこれまで継続してきた「リストア・トライアル」と呼ばれる第3期臨床試験を完了し、欧州での新薬申請に向けて準備を進める予定です。

STR001はStrekinの代表的な新薬候補です。Strekinとその協同者が発表した前臨床試験データによると、STR001は酸化ストレスを抑制し、蝸牛内で炎症シグナルの活性化を抑止することで、動物の聴力を効果的に保つ効果があることが分かりました。リストア・トライアルは、世界規模で恣意的に選出した急性感音性難聴患者に対して実施されている、STR001の第3期臨床プラセボ対照試験です。STR001は耐性も良好であり、リストア・トライアルの主な結果は2020年の早い段階で発表されると見られています。

StrekinのCEO兼創業者であるアレキサンダー・バウシュ氏は、「シリーズAで調達した資金により、この臨床研究を完了させ、欧州で新薬申請手続をするとともに、株式公開または売却によって迅速に投資回収する準備が整いました。リストア・トライアルは、生涯重篤な難聴を患う可能性のある患者の持つ明らかに満たされていないニーズを、STR001が満たすことができるかどうか探るものです。上手く行けば、リストア・トライアルからのデータとSSNHLに対する希少疾病用医薬品としてのSTR001の位置づけを考慮してもらうことで、Strekinが欧州で速やかにSTR001を発表できるようになるでしょう。」とコメントしています。

急性感音難聴について
急性感音難聴(SSNHL) は内耳で音を感じるための有毛細胞が損傷されることで起こる、突発性の難聴です。SSHNLは手術、音響的トラウマ、はっきりした原因が無いのに急に耳が聞こえなくなる突発性難聴などによって引き起こされます。その他の症状としては耳鳴りやめまいなどがあります。急性難聴は医学的緊急事態です。突然聞こえ方が変だな、と思ったらすぐに医療機関に相談して下さい。難聴を患うと、ほとんどの人が当たり前にやっているような、会話や音楽を聴くこと、職場で円滑なコミュニケーションをすることなどが、困難または不可能となってしまいます。現時点では、SSNHLの治療のために認可されている薬はありません。

Strekinについて
Strekin AG (www.strekin.com) はスイスに拠点を置くバイオ医薬品会社で、患者の医療ニーズのほとんどが満たされていない疾病に注目し、患者のより良い厚生を目指して医療改善に取り組んでいます。Strekinは経験豊かな専門家チームの主導により、新薬の発見、開発、販売を成功させてきています。Strekinは幅広い層の民間投資家の出資により支えられています。

ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/967922/strekin_Logo.jpg

Alexander Bausch
CEO、Strekin AG
Eメール: Alexander.Bausch@strekin.com

(日本語リリース:クライアント提供)



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201909030342
提供: