和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月19日(木)

乗客の自殺防ぎ感謝状 白浜のタクシー運転手

高砂和彦白浜署長(左)から感謝状を受け取る、明光タクシーの﨑口廣治さん=9日、和歌山県白浜町で
高砂和彦白浜署長(左)から感謝状を受け取る、明光タクシーの﨑口廣治さん=9日、和歌山県白浜町で
 和歌山県白浜町の景勝地「三段壁」に行きたいと告げた乗客の自殺を防いだとして白浜署は9日、明光タクシーの運転手の﨑口廣治さん(65)=田辺市稲成町=に感謝状を贈った。

 﨑口さんは8月24日午後7時10分ごろ、白浜町堅田のJR白浜駅で、大阪府に住む30代女性をタクシーに乗せた。女性は表情が暗く「三段壁に行きたい」と話した。しかし、荷物が少なく観光にしては遅い時間帯だったため、自殺をしようとしていると推察。「このまま送るわけにはいかない」と思い、女性を白浜署まで連れて行った。

 署員が女性に事情を聴いたところ、自殺をほのめかしたため、署で保護して家族に引き渡したという。

 9日は白浜町の署庁舎で贈呈式があり、高砂和彦署長(59)が﨑口さんに感謝状を手渡した。

 タクシー運転手歴10年という﨑口さんは「今回のようなケースは初めてだったが、無事に助けられてよかった」と振り返った。