和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月16日(月)

新華シルクロード:中国・Hongqiの新型車が国際自動車ショーで輝く

新華シルクロード:中国・Hongqiの新型車が国際自動車ショーで輝く

AsiaNet 80488 (1716)

【北京2019年9月11日PR Newswire=共同通信JBN】中国の大手自動車メーカーFAW Group(第一汽車集団)は、フランクフルトで開催の今年の国際自動車ショー(IAA)に同社を象徴するセダンブランドHongqi(紅旗)の最新モデルを持ち込んだ。Hongqiブランドが世界トップレベルの自動車ショーに登場するのは2回目で、1960年にライプチヒのオートモビル・インターナショナル(AMI)でデビューして以来のことである。

メディアへのオープンデーにあたる10日(火)、IAAの第8会場は銀色のカバーで覆われながらもエレガントな輪郭を見せる、ステージ上の2台の新型車を見ようと待ち構える訪問者で満員になった。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190911/2576727-1-a
(写真説明:国際自動車ショー(IAA)でスピーチするFAW Groupのスー・リウピン会長)

ダイナミックな音楽と素晴らしい照明の中、FAW Groupのスー・リウピン会長は新型車2台のカバーを外した。Hongqi初となる自社デザイン・自社製造のスーパーカーS9、そしてフル電動SUVコンセプトのE115である。

この新型の2モデルはHongqiの最新テクノロジーとデザインを象徴していることが判明した。新開発のV8Tハイブリッド・パワーシステムを搭載するS9はHongqiのSシリーズにおける最初の製品である。

スー会長は、X9はHongqiのデザインコンセプト、会社としての特徴、世界トップのエンジニアリング技術、猛烈なスピードを一体化したもので、芸術とテクノロジーがシームレスに結合していると述べた。

スー会長は「S9は展示のためだけではない。2021年までには量産され、顧客に納車されるだろう」と言及した。

E115の走行可能距離は600キロで、交通、ドライバーの好み、旅行計画に応じて運転モードとオートパイロットのレベルを選べるスマートカーである。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190911/2576727-1-b
(写真説明:Hongqiが国際自動車ショー(IAA)で新車モデルを展示)

スー会長は記者会見で、Hongqiは中国、そしてあらゆる場所の顧客のために「良い生活、良いモビリティー」を構築する真新しい戦略とビジョンを掲げ、新たな旅を開始したと述べた。

今年のIAAは「Driving Tomorrow(明日のドライブ)」のテーマの下、典型的な自動車ショーから個々のモビリティーの将来を討論するプラットフォームへと変わりつつある。2年に1度開催されるこのショーは100年の歴史を誇り、世界の5大自動車ショーの1つである。

オリジナルリンクはhttps://en.imsilkroad.com/p/308296.html を参照。

ソース:Xinhua Silk Road Information Service

添付画像リンク先:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=344829
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=344831





プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201909120788
提供: