和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月14日(木)

一日署長に歌手の田辺大蔵さん 田辺市龍神で交通安全運動

安全講話で交通事故防止と安全運転を呼び掛ける田辺大蔵さん(24日、和歌山県田辺市龍神村安井で)
安全講話で交通事故防止と安全運転を呼び掛ける田辺大蔵さん(24日、和歌山県田辺市龍神村安井で)
 和歌山県田辺市龍神村西の龍神行政局前では24日、交通事故をなくする田辺市民運動推進協議会(会長・真砂充敏田辺市長)が秋の全国交通安全運動の決起集会を開いた。

 真砂市長に続き、協議会副会長の安達克典市議会議長と田辺署の楠山隆署長があいさつ。楠山署長が歌手の田辺大蔵さん(45)=田辺市中辺路町出身=に一日署長の委嘱状を手渡した。

 田辺さんは「運動の重点項目の高齢者の事故防止と安全を意識し、あおり運転の防止も啓発したい」と語り、同行政局前の国道371号でドライバーにチラシを配り、交通安全を呼び掛けた。

 この後、龍神村安井の龍神市民センターであった交通安全講話で、田辺さんが運動の六つの重点項目を説明。横断歩道での歩行者優先の徹底や飲酒運転の根絶などに言及して「運動が終わった後も、交通安全の意識を高めて周りにも声を掛けてほしい」と話した。