和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月14日(木)

名車117クーペが勢ぞろい 12月に古座川町でラリー

【ぼたん荘の駐車場に並んだ117クーペ(2017年4月のイベントで)】
【ぼたん荘の駐車場に並んだ117クーペ(2017年4月のイベントで)】
 約40年前に造られた「いすゞ117クーペ」のオーナーズクラブ関西支部は12月8、9日、和歌山県古座川町内で「第2回古座川ナイS(ス)ラリー」を開催する。


 クラブ会員相互の交流と地域の人々との触れ合いなどを目的に開催。8日は同町月野瀬にある南紀月の瀬温泉ぼたん荘で午後3時半から、車両展示と来場者によるエレガンス賞の投票、5時からジャズコンサート、6時半からウエルカムパーティーを予定している。


 9日は午前9時に参加車がぼたん荘を出発し、虫喰岩(池野山)、一枚岩(相瀬)、光泉寺の大イチョウ(三尾川)、滝の拝(小川)を巡る。正午にぼたん荘に戻り昼食。午後1時から表彰式、3時ごろ解散の予定。


 問い合わせは、支部事務局長の下村博昭さん(090・8656・8471)へ。