和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月14日(木)

次代を担う新しい才能との出会い。「TAKASHIMAYA NEW CREATORS WEEK」 を日本橋高島屋で開催!

2018/19年のインターナショナル・ウールマーク・プライズ受賞者やファイナリストをはじめ、新進気鋭のブランドをご紹介する期間限定ショップが登場!ファッションデザイナー 大野 陽平氏 スペシャルトークイベントも開催!

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/350_244_201910032110325d95e538179ef.jpg

[画像2]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/350_246_201910032132355d95ea63f11b9.jpg

■「TAKASHIMAYA NEW CREATORS WEEK」  タカシマヤ ニュークリエイターズ ウィーク
■会期:2019年10月9日(水)~10月15日(火) 日本橋高島屋S.C.本館1階 正面イベントスペースにて

高島屋は、次代を担う優れたデザイナーをサポートする 「インターナショナル・ウ-ルマーク・プライズ」(主催:ザ・ウールマーク・カンパニー)の公式リテールパートナーとして、「TAKASHIMAYA NEW CREATORS WEEK」と題した期間限定ショップを10月9日(水)から展開いたします。
2018/19年のインターナショナル・ウールマーク・プライズ受賞者やファイナリストをはじめ、高島屋バイヤーが注目する新進気鋭のブランドをあわせた、計6ブランドをご紹介する期間限定ショップを展開し、若手デザイナーの才能発掘を実現してまいります。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/new_creators_week/
https://www.woolmark.jp/events-media/international-woolmark-prize/shop/?enforce=true

[画像3]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/200_120_201910032113265d95e5e62ad76.jpg
■ 「インターナショナル・ウールマーク・プライズ」について
インターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)は、ザ・ウールマーク・カンパニーが主催する、世界で最も権威あるアワードです。
1950年代から、新たな若手の才能を支援しファッションの歴史の中で重要な瞬間を生み出しました。その最初の数年間には、ヴァレンティノ・ガラヴァーニや、イヴ・サンローラン、カール・ラガーフェルドが10代の頃に受賞し、
現在の主要なプライズの中でも最も長く、そして輝かしい歴史をインターナショナル・ウールマーク・プライズに与えました。今日、このプライズは世界中の才能を発掘し、高島屋を含むリテールネットワークと共にこれらのデザイナーをサポートしてキャリアを維持しています。
2018年には、46か国300名以上のデザイナーの応募者から、12名のファイナリストが選ばれました。
2019年2月のロンドンファッションウィークで開催されたグローバルファイナルイベントでは、英国のエドワード・クラッチリーがメンズウェアとイノベーションアワードを受賞し、米国のコロボスがウィメンズウェアを受賞しました。


[画像4]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/150_150_201910032116355d95e6a3b4add.jpg
<スペシャルトークイベントを開催!>  ※観覧無料
インターナショナル・ウールマーク・プライズファイナリストとなった、
ファッションデザイナー 大野 陽平氏と、WWDジャパン編集長 向 千鶴氏を
お招きして、ファイナル大会の体験談やコレクション制作へのこだわり、
また、現在のファッションのトレンドと未来についてお話いただきます。

■日時: 10月12日(土) 14時~
■場所: 日本橋高島屋S.C. 本館1F 正面イベントスペース
■ゲスト: YOHEI OHNO デザイナー・大野 陽平氏 、 WWDジャパン編集長・向 千鶴氏

<展開ブランドのご紹介>

[画像5]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/150_198_201910032115295d95e661756d4.jpg
■ 「EDWARD CRUTCHLEY」 / エドワード クラッチリー (イギリス) 
デザイナー: エドワード クラッチリー
メンズウェア・イノベーションアワード受賞者 
職人が生み出すテキスタイルへの深い理解と敬意に根差したコレクション。
クラッチリーのアイテムは、フォルムとシルエット、仕立ての限界を広げる。
メリノウールの革新的な可能性を発信し、2018/19年インターナショナル・ウールマーク・プライズメンズウェア・イノベーションアワードを受賞した。


[画像6]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/150_220_201910032115335d95e665631a8.jpg
■ 「COLOVOS」 / コロボス (アメリカ)
デザイナー: マイケル・コロボス、ニコル・コロボス
ウィメンズウェア受賞者
マイケルとニコル コロボス夫妻が手掛けるブランド。革新的で新しいメリノウールを使い、歴史からインスピレーションを受け、現代的な要素と技術で、サスティナビリティーとトレーサビリティーについてコンセプトをアップデートしている。
このデザインアプローチにより、コロボスは2018/19年インターナショナル・ウールマーク・プライズを受賞した。

■ 「YOHEI OHNO 」 / ヨウヘイ オオノ (日本)
[画像7]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/150_204_201910032115595d95e67f23f52.jpg
デザイナー: 大野 陽平
ウィメンズウェアファイナリスト
文化服装学院を経て、英ノッティンガム芸術大学でファッションを学ぶ。
帰国後、2014年に自身のブランドをスタート。IWPロンドンファイナルで、世界有数の毛織産地であり、自身の出身地でもある尾州で出会ったデッドストックのサマーウール素材を使ったカプセルコレクションを発表。

■ 「ANGEL CHEN 」 / エンジェル チェン (中国)
[画像8]https://digitalpr.jp/simg/327/35216/150_189_201910032119255d95e74d1cf71.jpg
デザイナー: エンジェル チェン
ウィメンズウェアファイナリスト  
2014年にセントラル・セント・マーチンズを卒業後、IWPで発表したコレクションでは、済州島(韓国)の下道村に住む海女のライフスタイル、独立した精神、決意からインスピレーションを得ている。
エンジェル チェンはメリノウールの革新的な使い方でストーリーを語る。

■ 「DANIEL W.FLETCHER 」 / ダニエル ダブリュ フレッチャー (イギリス)
デザイナー: ダニエル ダブリュ フレッチャー
メンズウェアファイナリスト
セントラル・セント・マーチンズを卒業後、FLETCHERを設立。1970年代に敬意を表したIWPカプセルコレクションは、英国伝統の衣服や学校の制服、伝統的なスポーツウェアをインスピレーション源としている。

■ 「SULVAM 」 / サルバム (日本)
デザイナー: 藤田 哲平
メンズウェアアジア地域ファイナリスト
藤田 哲平氏が、2014年にSULVAMとして初のコレクションを発表。
服作りの基本を外さない確固たる姿勢と、基本を熟知しているからこそ生まれる柔軟な発想が同居するモードスタイルを発信し、2018/19インターナショナル・ウールマーク・プライズに参加した。

■ 「ザ・ウールマーク・カンパニー」について
ザ・ウールマーク・カンパニーはウールのグローバル・オーソリティーであり、オーストラリア産メリノウールの研究・開発及びマーケティング活動を行う非営利団体です。
メリノウールは、土に還り、再生可能でイノベーティブな究極の天然素材で、ラグジュアリーアパレルとプレミアムなファッションに欠かせなくなっています。

■ 「TAKASHIMAYA NEW CREATORS WEEK」 2019年10月9日(水)~10月15日(火)
日本橋高島屋S.C.本館1階 正面イベントスペースにて展開。イベント終了後は以下のショップでお取り扱いいたします。
・「スタイル&エディット」 日本橋高島屋S.C.本館3階
・「CSケーススタディ」  日本橋高島屋S.C.本館6階

【お問合せ】 
■日本橋高島屋S.C.本館 03-3211-4111(代表)
https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/index.html
■「TAKASHIMAYA NEW CREATORS WEEK」  タカシマヤ ニュークリエイターズ ウィークhttps://www.takashimaya.co.jp/store/special/new_creators_week/
■インターナショナル・ウールマーク・プライズ2019
https://www.woolmark.jp/events-media/international-woolmark-prize/shop/?enforce=true

















プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/35216
提供: