和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月20日(日)

絶滅危惧のミズオオバコ咲く 上富田生馬小の自然観察園

水上に白くきれいな花を咲かせたミズオオバコ(和歌山県上富田町生馬で)
水上に白くきれいな花を咲かせたミズオオバコ(和歌山県上富田町生馬で)
 和歌山県上富田町、生馬小学校の自然観察園「いくま田んぼの学校」で、絶滅が心配されている沈水植物ミズオオバコ(トチカガミ科)が、白くきれいな花を咲かせている。

 ミズオオバコはかつて、県内のため池や沼地、田んぼなどの止水域で普通に見られたが、改修工事などで生育場所がなくなり、近年は限られた場所でしか観察できない。全国的にも減少している。県のレッドデータブックでは準絶滅危惧、環境省のレッドリストでは絶滅危惧2類に分類されている。

 一日花で、花茎を水上に伸ばし、直径2、3センチの花を咲かせる。水中にオオバコに似た長さ10~30センチの葉を広げるため、この和名が付いたという。