和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月20日(日)

『水曜どうでしょう』大泉洋の“ホラ話”を漫画化 『チャンピオン』で12・5連載開始

『水曜どうでしょう』漫画第1話
『水曜どうでしょう』漫画第1話
 人気バラエティー番組『水曜どうでしょう』が漫画化されることが決定し、12月5日発売の『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)2020年1号で連載がスタートすることが10日、発表された。

【画像】大泉洋のホラ話の漫画第1話

 これは番組のイベント『水曜どうでしょう祭 FESTIVAL in SAPPORO 2019』のステージで鈴井貴之、大泉洋、藤村忠寿、嬉野雅道から発表されたもの。「喧嘩太鼓」「登山家」など、番組内で語られた大泉の“ホラ話”を漫画家・星野倖一郎氏が漫画化し、大泉のリクエストにより劇画調で描かれる。

 また、きょう10日発売の同誌45号では今回のコラボ企画のためだけに大泉が語った“新作ホラ話”も漫画化されており、カラー記事に情報が掲載されている。

『鬼滅の刃』初の舞台化、20年1月東京・兵庫で上演 脚本・演出は『刀剣乱舞』末満健一氏
『ONE PIECE』“海賊王”ロジャー、懸賞金初公開 連載開始22年越しでルフィ超えの金額【ネタバレなし】
画業40周年・いくえみ綾氏の新連載『1日2回』、ココハナで開始 アラフォー手前・男女の物語
『約束のネバーランド』浜辺美波主演で実写映画化 エマ役に葛藤も「原作愛を原動力に」
『コナン』警察学校編の冒頭ネーム公開 青山剛昌氏が描く
提供:oricon news