和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月20日(日)

台風19号の影響続々…『横濱 JAZZ PROMENADE 2019』開催中止

台風19号の影響で、ライブ公演の中止相次ぐ
台風19号の影響で、ライブ公演の中止相次ぐ
 台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、10月12日、13日に神奈川・横浜市内各所で開催を予定していた『横濱 JAZZ PROMENADE 2019』の開催中止が決定した。10日、同イベントの公式サイトで発表された。

台風19号の影響で…日比谷野音中止を発表した矢沢永吉

 サイトでは「台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、お客さまなどの安全を第一に考え開催中止とさせていただきます」とし、ホール会場での有料公演と全ての街角ライブについては、12日、13日共に中止、ジャズクラブについては、「『横濱JAZZ PROMENADE 2019』としての実施はございませんが、通常営業をするかどうかは各店舗の判断になりますので、各店舗に直接お問い合わせください」と伝えた。

 続けて「公演を楽しみにお待ちいただいたお客さま、出演者の皆さま、ボランティアの皆さま、ご支援ご協力をいただいております企業・団体の皆さまに、心より深くお詫び申しあげます。何卒ご理解いただきますようお願い申しあげます」とした。

 チケットの払い戻しについては、「購入いただいたお手持ちの公演チケットにつきましては、チケット代の払い戻しをさせていただきます。払い戻しの方法につきましては、後日このホームページにてお知らせいたします。払い戻しにはチケットが必要となりますので、正式なご案内があるまで、そのままお持ちいただきますようお願いいたします」と案内している。

 そのほかにも、12日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催を予定していた矢沢永吉『EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE「THE STAR IN HIBIYA 2019」』や、12日と13日に静岡・朝霧アリーナで行われる予定だった音楽フィスティバル『朝霧JAM』、同じく12日と13日に東京・六本木ヒルズで開催予定だった『福島フェス』なども中止が決定している。

 『横濱JAZZ PROMENADE』は、今年で27回目を迎える日本最大級のジャズ・フェスティバル。今年は、プロ・アマチュア合わせて約2,000人が出演し、歴史的建造物、ジャズクラブ、街角など37会場でライブを行う予定だった。

台風接近…矢沢永吉、日比谷野音の公演中止が決定「安全等を第一に考慮」 振替公演なし
『朝霧JAM』開催中止を発表 台風19号影響「お客様の安全を第一に考慮して」
YOSHIKI、故郷・千葉の被災者に1000万円寄付 台風被害「少しでも力になれれば」
【ライブ写真】70歳を過ぎても「俺、やります。よろしく!」
【写真】単身渡米しLAでレコーディングを行う矢沢永吉
提供:oricon news