和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年11月13日(水)

沿岸部で高波も 台風19号、3連休に打撃

越波で散乱したがれき(12日午前8時ごろ、和歌山県串本町古座で)
越波で散乱したがれき(12日午前8時ごろ、和歌山県串本町古座で)
高波が打ち寄せる和歌山県田辺市扇ケ浜の護岸(12日午前6時10分ごろ)
高波が打ち寄せる和歌山県田辺市扇ケ浜の護岸(12日午前6時10分ごろ)
 大型で非常に強い台風19号は12日午前10時現在、八丈島の西南西を北上している。和歌山県内には昼すぎから夕方にかけて最も近づく見通し。和歌山地方気象台は暴風雨や高波への警戒を呼び掛けている。3連休初日だが、観光施設は相次いで休業した。

 紀南では大気の状態が非常に不安定になっている。10日午後2時から12日午前11時までの雨量は那智勝浦町の色川で232ミリ、田辺市本宮町で110・5ミリ。潮岬では11日午後9時5分に最大瞬間風速25・5メートルを観測した。

 夕方にかけては、局地的に非常に激しい雨の降る恐れがある。12日正午から予想される24時間降水量は多い所で150ミリ。風も夜の初めごろまで暴風が続き、海上は夕方にかけて、うねりを伴った猛烈なしけとなる見込み。

 沿岸部では高波による被害が発生している。串本町古座では国道42号沿いの干物店や倉庫が越波を受けた。12日午前0時ごろから5時ごろまで、波が掛かり続けたという。男性店員は「数回波をかぶったことはあるが、こんなに長い時間は初めて」と話した。

 国道には破損した堤防の一部が打ち上げられたほか、砂利、流木、発泡スチロールなどが散乱。干物店奥の路地もがれきが散乱した。

 12日朝にはみなべ町や印南町など各地で停電が発生した。県などによると午前11時現在、紀南地方で人的被害の報告はないという。

■交通網に影響

 越波により串本町やすさみ町で国道42号が一部通行止め。白浜町臨海―瀬戸の県道や串本町出雲の県道も11日午後4時から通行止めになった。

 公共交通にも乱れが出た。JR西日本は12日、京都・新大阪―白浜・新宮を結ぶ特急「くろしお」を終日運休とした。和歌山―新宮を結ぶ普通列車も運休した。東京―白浜を結ぶ日本航空の計6便も全て欠航した。

■観光施設、催し休止

 観光施設の臨時休業も相次いだ。白浜町ではアドベンチャーワールドやエネルギーランド、串本町では南紀熊野ジオパークセンターや道の駅「くしもと橋杭岩」―などが休業した。

 白浜町の白浜会館で12、13日に予定していた「子ども絵画展」は12日が中止。13日は開催する。田辺市民総合センターで12、13日に予定されていた「MOA美術館田辺児童作品展」は、12日が中止。13日は気象状況次第で開催の可否を決めるという。