和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月14日(土)

日本で唯一和歌山県選出 エアビー「訪れるべき観光地」

【霧に霞む那智の滝】
【霧に霞む那智の滝】
 世界的な宿泊施設予約のウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」で、和歌山県が「2019年に訪れるべき19の観光地」の一つとして紹介された。国内から唯一選ばれ、県観光交流課は「世界での認知度が高まってきている。さらなる誘客につながれば」と話している。


 同課によると、19の観光地は、予約状況の伸び率などのデータを基に選出したものという。


 ウェブサイトは、和歌山県について、那智勝浦町にある熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体「那智の滝」と那智山青岸渡寺の「三重塔」の写真を掲載して紹介。「大阪に隣接するこの奥ゆかしい地域は、日本の『精神文化の原点』とも呼ばれ、多くの地元の人々や旅行者が、仏教の聖地である高野山に滞在し、瞑想(めいそう)や宿坊、庭園、精進料理などを体験している」などと説明している。


 また、田辺市本宮町の川湯温泉で冬季に設けられる仙人風呂などをアピールしているほか、毎年7月に営まれる熊野那智大社の例大祭「那智の扇祭り(那智の火祭り)」を「日本の最も神聖なお祭りの一つ」と紹介している。