和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年09月20日(金)

紀南各地で成人式 新春に大人の門出祝う

【談笑しながら記念撮影を待つ新成人(3日、和歌山県すさみ町周参見で)】
【談笑しながら記念撮影を待つ新成人(3日、和歌山県すさみ町周参見で)】
 正月の帰省に合わせ和歌山県紀南地方各地で3日、成人式があった。新しい時代を担う新成人が、華やかな振り袖やスーツ姿で出席し、大人への第一歩を踏み出した。


 上富田町の成人式は同町朝来の上富田文化会館であった。新成人193(男100、女93)人のうち、156(男女とも78)人が出席し、「地域に貢献できる大人になりたい」「将来は地元に帰ってきたい」などと思いを述べた。


 新成人代表で大学生、泉裕太さん=和歌山市=は「上富田で育つ中で、人のつながり、思いやりの大切さを学んだ。今までいろんな経験を積んでこられたのは両親や周囲の皆さんのおかげ。これから大人の責任を持った行動を心掛けたい」と力強く宣言した。


 すさみ町の成人式は、同町周参見の町総合センターであった。対象者50(男女とも25)人のうち41(男22、女19)人が出席して思い出話に花を咲かせた。


 新成人を代表して大学生の福田康人さん=大阪府和泉市=が、家族や恩師、友人らへの感謝を述べ「成人としての自覚を常に忘れず、責任ある行動と人を思いやる優しい心を持って社会に貢献していきたい」と決意を話した。


 3日は串本町、那智勝浦町、北山村、田辺市大塔地域でも成人式があった。