和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月22日(火)

石田総務相が視察 白浜のITオフィス

【セールスフォース・ドットコムの社員(手前)と意見を交わす石田真敏総務相(右)=25日、白浜町で】
【セールスフォース・ドットコムの社員(手前)と意見を交わす石田真敏総務相(右)=25日、白浜町で】
 石田真敏総務相が25日、和歌山県白浜町湯崎にある町ITビジネスオフィスを視察で訪れた。入居する企業の社員から充実した日々を送っているとの説明を受けた石田総務相は「地方で仕事を求める人は増えている。先駆者の皆さんがSNSなどで日常をどんどん発信してほしい」と期待した。


 ソフトウエアの開発などを手掛ける「NECソリューションイノベータ」とクラウドサービス大手「セールスフォース・ドットコム」の社員たちがそれぞれ対応した。


 社員たちは、東京で暮らしていた時と比べて通勤にかかる時間が減ったことを説明。その分だけ趣味に充てられる時間が増えてリフレッシュした状態で仕事ができたり、生産性が向上したりしていることなどを紹介した。


 視察後、石田総務相は「(社員の)皆さんは白浜での生活に満足しているようだ。都会のストレスがないことが大きいのだろう」と感想を述べ「地方で働きたいという人たちの力を地域の活力に結び付けていきたい。総務省も地域の皆さんと意見を交換していきたい」と語った。


 町ITビジネスオフィスには現在7社が入居しており「満室」の状態。情報通信技術を使うことで場所や時間にとらわれずに働く「テレワーク」が進んでいる場所として、全国的にも注目されている。