和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年07月25日(日)

水難救助の中学生が一日消防署長 秋の火災予防運動

地元の園児らとともに防火パレードに参加した、一日消防署長の堺琥芭久君(右から2人目)=12日、和歌山県田辺市本宮町本宮で
地元の園児らとともに防火パレードに参加した、一日消防署長の堺琥芭久君(右から2人目)=12日、和歌山県田辺市本宮町本宮で
 秋の全国火災予防運動(9~15日)に合わせて和歌山県の田辺市消防本部は12日、本宮中学校1年の堺琥芭久君(13)を一日消防署長に任命した。堺君は観光客らに啓発品を手渡すなどし、防火を呼び掛けた。

 堺君は9月、川で溺れていた子どもや男性を救助し、市消防本部から感謝状を贈られている。

 同市本宮町本宮の田辺消防署本宮分署で任命式があり、市消防本部の安田浩二消防長が辞令を交付し、堺君にたすきを渡した。

 その後、堺君は安田消防長や市消防本部の職員と一緒に、熊野本宮大社前で街頭啓発に参加。住宅用火災警報器の設置や、防火への注意などを記したチラシやポケットティッシュを、本宮大社を訪れた観光客らに配った。

 堺君は「消防士になるのが将来の夢なので、一日消防署長を任せてもらえてうれしい。この時期は火災が多くなるので、火の取り扱いに気を付けて、一件でも火災がなくなってほしい」と話した。

 この日は、本宮町の「たんぽぽ保育園」の園児でつくる幼年消防クラブによる防火パレードもあり、堺君は園児らと一緒に地域を歩いて防火を促した。