和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月22日(木)

八王子市に郊外型注文住宅ショールームがオープン。

住宅取得価格高騰に対する新しい切り口・ソリューションの提案

自社大工が手刻みで創る郊外型注文住宅を提供するブランド TOKYO DIKE( 株式会社アーキラボ、本社:東京都立川市高松町、代表:前島元)が、注文住宅ショールーム(大工の加工場を兼ねる) を、八王子市住宅地の中心部、浅川沿いにオープンさせました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311223247-O5-5MT8589o

【TOKYO DIKE ショールームのPoint】
○ 眺望が良くて開放感抜群の浅川沿いに完成。 自社大工が手刻みで創るデザイン住宅ショールーム。
○ 自然素材のぬくもりを感じる住空間。 商品住宅やハウスメーカーとは異なる、作り手のクラフトマンシップが魅力。
○「 東京でありながら割安の土地」+「高品質な注文住宅」の提案により一般層でも取得可能な「TOKYO3980project」を提案。

【ショールーム所在地】
〒192-0061 八王子市平岡町33-4
アクセス:JR「八王子駅」より約1.9km。
バス停「平岡町」より徒歩4 分。八王子IC から約3 km(車で6 分)。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311223247-O2-Z87PkKWF

 
株式会社アーキラボ(本社:東京都立川市高松町、社長;前島元)は、これまで加盟していたローコスト住宅のFCを脱し、2022 年、もともと大工工務店として創業した理念に立ち返り、新ブランド「TOKYO DIKE(トーキョーダイク)」へとリブランディングを実施。新ブランドの新しい拠点となる注文住宅ショールームを、視線の抜けが良く、開放感抜群の浅川沿いのロケーションに八王子市平岡町にオープンしました。

現在の住宅業界、特に地方ではなく東京のような大都市では珍しい自社大工による手刻み加工。国内最大手の自然素材系住宅メーカーで研鑽を積み、そのノウハウも十二分に活かした、自然素材のぬくもりと創り手のクラフトマンシップが感じられる住空間。1階は大工の加工場も兼ね、蚤の市やDIY 教室なども予定しています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202311223247-O4-ekdK0gN3

土地、建築共価格上昇が続く中、東京都内にてマス・中間層の方々にとっての住宅購入のハードルが上がり、多くの方が注文住宅を諦め分譲住宅や中古住宅に流れています。 TOKYO DIKE では「トレードオフ」な発想を大切に、東京都内であっても、思いの外、土地価格が安い多摩地域での土地取得と、自社大工かつミニマムなチームで家づくりを行う同社のコストパフォーマンスという最大の利点を活かし、実現可能な無理のない予算で土地+注文住宅の実現をサポートする「TOKYO3980project」を提案しています。

先行き不透明な時代でありながら、インフレが続き、適切な買い物・適切な選択肢がないマス・中間層の方々に、ローコスト建売住宅でもなく、中古マンションでもない、新しい住宅取得の選択肢で、かつ夢のある注文住宅を実現できる選択肢を提供すべく企画したプロジェクトです。



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202311223247
提供: