和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月24日(土)

ブランディングムービー「自然と手をつなごう。」が『TOKYO CREATIVITY AWARDS 2023』でダブル受賞しました

2021年「国際生物多様性の日」に那須どうぶつ王国公式YouTubeで公開したブランディングムービーがACCで受賞

2023年12月3日
那須どうぶつ王国

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312033723-O1-1oSO4ej7

2023年 12月 3 日
〒329-3223
栃木県那須郡那須町大島 1042-1
電話 0287-77-1110 FAX0287-77-2001
URL https://www.nasu-oukoku.com

【PRESS RELEASE】 

2021年5月22日「国際生物多様性の日」※に合わせ、那須どうぶつ王国、公式YouTubeで公開したブランディングムービーが、2023年1年間で優れた広告やコンテンツを表彰する、日本最大級のアワードACC主催『TOKYO CREATIVITY AWARDS 2023』フィルムクラフト部門/シルバー賞と撮影監督賞(クリエイティブディレクター 富永省吾)を受賞しました。
2021年同じく「マヌルネコのうた」でACC フィルム部門Bカテゴリーでシルバーとエディター賞(クリエイティブディレクター富永省吾)受賞以来2回目の受賞、快挙となります。

この動画は、2020年コロナ禍休園中の那須どうぶつ王国で、動物たちがくらす躍動感あふれる様子等を、撮影用の照明を一切使わずに撮影した映像で、まるでそこは野生の息遣いが聞こえてくるような動画となっています。
地球の中に動物たちが息づくさまや動物達の命そのものを、シャープに、 ドラマティックに映し出しています。動物の生き生きとした躍動感、距離感の近さ等当園でしか撮れない映像です。
この映像の配信を通して、那須どうぶつ王国へ来国したことがある方もない方も含めて、より多くの方に野生下の動物の姿に思いを馳せ、動物を知るきっかけになればと制作したものです。尚、映像に登場するハシビロコウは2022年12月に繁殖のため高知県立のいち動物公園に移動し、当園にはおりません。

SHAKE HANDS WITH NATURE!「自然と手をつなごう。」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312033723-O3-MxslFifl
「ちがい」を受け入れ、お互いを認め合い
ながら生きられる世界は素敵です。
王国を力強く生きる、いきものの
多様性に目を向けてみましょう。
きっとそこには、人間が多様性
豊かに生きるための多くのヒントがあるはず。
「世界は、いきもので出来ている。」
あなたも、わたしも。
さぁ、自然と手をつなごう。

映像は、2021年4月にSNSにアップして大きな反響となった「マヌルネコのうた」※を作詞・制作したクリエイティブ・ディレクターの富永省吾氏※を起用して制作いたしました。
「マヌルネコのうた」は那須どうぶつ王国公式YouTubeチャンネルの動画再生数で、
404万回を越えまだ伸び続けています。(2023年11月19現在)
また2021年7月に公開された「スナネコのうた」も公式YouTubeチャンネルの動画再生数で170万回を超えています(2023年11月19現在)

これらの映像は、より多くの皆様に那須どうぶつ王国を知っていただき当園が取り組む
野生動物や環境保護・保全・啓発活動に興味を持ってもらうことを狙いとしています。

初回映像配信日:2021年5月22日(土) AM7時
配信場所:公式YouTubeチャンネル    https://youtu.be/JBGoNzAZQZ0?si=FirIoIsfiPM3DKx9

*動物たちの撮影には撮影用の照明は一切使用していません。また動物にストレスをかけない様静かに撮影を行いました。

※「国際生物多様性の日」
毎年5月22日は、国連が定めた「国際生物多様性の日」であり、世界各地において、
5月22日を中心にイベントを開催することが奨励されています。
世界中で、5月22日を中心に生物多様性を感じ、学び、行動するイベントを各地で開催しています。

※マヌルネコのうた配信場所
那須どうぶつ王国公式YouTubeチャンネル 
(チャンネル登録者数 約83,300人 2023年11月現在)
https://www.youtube.com/channel/UCp6QcfxkVaT77OVMXKKTJoQ
動画URLはコチラ→ https://youtu.be/5YLSP6b6yHg

※富永省吾 Shogo Tominaga
shogotominaga.com
https://twitter.com/shogo_tominaga

Creative Director

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312033723-O2-u51W6121
京都芸術大学卒業。在学時に複数企業と共作した異例の卒業制作が話題となり、浅田彰氏、後藤繁雄氏ら著名評論家から突出した高い評価を得る。翌年、クリエイティブディレクターとして日本最年少でCANNES LIONS Health銅賞受賞。その後、TOKYO MIDTOWN AWARDをはじめ国内外の広告賞、デザイン賞を多数受賞。映像を軸にプロダクトデザインから空間演出まで、表現媒体を越え話題作を手掛ける。 デジタル系エージェンシーのクリエイティブ局長を経て独立。ブランディング/プロモーション/コンテンツを総合的な視点で捉えた「チャンネルのデザイン」を得意とする。近年の仕事に、東京国立博物館ビジュアル群、六本木アートナイト映像、ゲタサンダル等。ブレーン「いま一緒に仕事をしたいU35クリエイター」選出。カンヌライオンズ主催 YOUNG LIONS COMPETITION 2020 (通称ヤングカンヌ)映像部門で金賞を獲得し日本一となる。2021年、企画/監督/作詞を手がけた「マヌルネコのうた」では国内最大の
広告賞ACC TOKYO CREATIVE AWARDフィルム部門で銀賞、個人賞としてエディター賞のW受賞となった。東京国立博物館創立150年記念映像担当。2022年、小山薫堂氏やANREALAGE森永氏らと並び斎藤精一氏主宰のTOKYO CREATIVE SALON 2022,2023年連続で選出作家となる。2023年、国内最大級のクリエイティブアワードACC TOKYO CREATIVE AWARDS で3つのトロフィーを受賞。個人賞として「撮影監督賞」も加わりトリプル受賞となった。
幅広い実績を背景に、異才を放つクリエイターとして新時代の表現開発を行なっている。
 株式会社LQVE代表。
https://www.lqve.jp/

 
那須どうぶつ王国 広報担当
電話 0287-77-1110
宮地 さくら 携帯 090-8870-3508
 miyachi@nasu-oukoku.com
鈴木 和也 携帯 090-4757‐1625
suzuki@nasu-oukoku.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202312033723
提供: