和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月29日(木)

SurplusGLOBALがSEMICON Japan 2023への参加を発表、レガシー部品流通ソリューションを紹介

【ソウル(韓国)2023年12月11日PR Newswire=共同通信JBN】レガシー半導体製造装置業界のグローバルリーダーであるSurplusGLOBALは、SEMICON Japan 2023への参加を発表しました。このイベントは2023年12月13日から15日まで、日本の東京ビッグサイトで開催される予定です。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312114082-O1-2634x7xR

SurplusGLOBALは展示会期間中、ブース番号5320に常駐します。SurplusGLOBAL は、SEMICON JAPAN 2023 でレガシー部品流通ソリューションを紹介しながら、お客様との有益なミーティングや貴重なつながりを築くことを楽しみにしています。

SurplusGLOBALのレガシー部品流通ソリューションの主なハイライトは以下の通りです:

*調達:SurplusGLOBALの幅広いビジネスネットワークには、これらのレガシー部品を見つけ、入手するためのサプライヤーとコンタクトがあります。これには、保管、装置からの回収作業、さらには部品毎の販売者の検索がなどが含まれます。

*サプライチェーンマネジメント:SurplusGLOBALの半導体製造装置クラスターは、クリーンルーム、倉庫、リファビッシュルーム、トレーニングセンターなどの世界クラスの統合施設を有し、サプライチェーンマネジメントシステムをサポートするオンラインマーケットプレイスを運営しています。

*技術専門知識:SurplusGLOBALは、創業以来23年間で、ほぼ全てのファブをカバーする6万台以上の取引実績があり、豊富な経験を持つ熟練した人材を雇用しています。この広範な専門知識は、顧客が正しい部品を確実に受け取り、適切に設置できるようにするために不可欠です。

SurplusGLOBALのBruce Kim最高経営責任者(CEO)は、「これらのレガシー部品は、製造装置メーカー(OEM)では製造されなくなっていることが度々あり、従来の流通経路では入手が困難な場合があります。SurplusGLOBALのようなレガシー部品の販売業者は、これらの入手困難な部品の信頼できる供給源を提供することで、企業がレガシー装置の運用を継続できるようにする上で重要な役割を果たしています」と語りました。SurplusGLOBAL Japanの熊澤修二取締役副社長は、「SurplusGLOBALは、23年の経験をもとに、レガシー半導体製造装置およびレガシー部品の売買、調達、リファビッシュ、コンサルティングのための包括的なソリューションを提供しています。品質、専門知識、カスタマーサービスへの取り組みにより、日本だけでなく世界中の企業から信頼されるパートナーとなっています」と述べました。

SurplusGLOBAL

Japanの熊澤修二セールスディレクターは、「SurplusGLOBALは、23年以上の経験をもとに、レガシー半導体製造装置および時代遅れの部品の売買、調達、リファビッシュ、コンサルティングのための包括的なソリューションを提供しています。品質、専門知識、カスタマーサービスへの取り組みにより、日本だけでなく世界中の企業から信頼されるパートナーとなっています」と述べました。

 

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312114082-O2-3IyXrY02

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202312114082
提供: