和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月23日(金)

ねこ愛あふれる京都のかわいい伝統工芸品が大集合!ねこモチーフの工芸品を集めた販売イベント「にゃんと工芸」を、京都伝統産業ミュージアムショップにて開催

株式会社京都産業振興センター
京都伝統産業ミュージアムショップ(所在地:京都市左京区 運営:株式会社京都産業振興センター)では、かわいいねこモチーフの伝統工芸品を集めた販売イベント「にゃんと工芸」を2024年1月15日(月)より開催いたします。西陣織、京焼・清水焼、京陶人形、伏見人形、和蝋燭、珠数製品、紙製品など魅力的なアイテムが大集合。展示商品の一部は期間限定でオンラインショップでも販売いたします。また、ねこと人が共に暮らせる優しい世界になることを願い、売上金の一部を「京都市動物愛護事業推進基金」(通称:京都市人と動物が共生できるまちづくり基金)に寄付させていただきます。



ねこを愛する全ての人へ
可愛くも愛おしい魅力いっぱいのねこモチーフの
伝統工芸品が表情豊かにお出迎え。



にゃんと工芸
会期:2024年1月15日(月)~2月29日(木)
※休館日:1月29日(月)、2月18日(日)、2月26日(月)
営業時間:10:00~18:00(入店は17:30まで)
会場:京都伝統産業ミュージアムショップ
(〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 みやこめっせ B1F)
入場料:無料

主催:京都伝統産業ミュージアムショップ(株式会社 京都産業振興センター)
協力:京都動物愛護センター

お問い合わせ先:075-762-2671(担当:齋藤・安土)



■ 京友禅、京焼・清水焼、京陶人形をはじめとした多彩なアイテムがお出迎え


・楽しい京友禅御朱印帳

京手描友禅染めの御朱印帳です。着物を作る手描友禅と同じで全て手作業で作っています。
絹地ならではの上品なつやとカラフルな色合い、そして楽しい柄が唯一無二の御朱印帳です。
内側の紙は、墨やインクの滲みにくい和紙を使っています。
御朱印帳用に紙がジャバラ折りになっていますので、ノートのように使ったり、写真を貼ったり、絵を描いたりと他の使い方も出来ます。
どうぞ最後のページまで楽しんでお使いください。

「ねこ御朱印帖」前崎那美
・素材|表:正絹 / 内側:和紙
・価格|7,000円(税別)




・作り手の猫愛があふれたかわいいお箸置き

猫好きのつくりてshima.さんによる猫がモチーフのお箸置き。
愛猫との暮らしの中で、日々、眼に映る光景なのでしょうか。お腹を見せてすっかりリラックスした様子です。
ヒゲから肉球にいたるまで、染付技法で一つずつ手描きされています。

「お箸置き」Shima. 
・素材|陶器
・価格|980円(税別)






・愛猫とお揃いでつけられるアクセサリー

1764年創業の老舗数珠店が一つ一つ心を込めて作る、天然石を使ったチャーム付きの首輪とピアスです。「ねこ」と「飼い主」の家族の絆を深める「和」を生み出す"ねこのわ"。
是非大切なペットと飼い主の家族の絆を深める"お守り"としてお使いください。

「ねこのわ - 猫用ネックレス(首輪)」「ねこのわ - ピアス」中野伊助
・価格|猫用ネックレス(首輪)17,000円、ピアス3,000円(いずれも税別)





・上品な表情が愛らしい招き猫

安政6年(1859)創業の歴史を持ち、京都 東山の二寧坂に工房を構える「島田耕園」の招き猫です。この工房は、御所人形の製作で知られていますが、その技術と美意識はこの「招き猫」にも反映されています。
繊細な手作業と長年にわたる職人の技によって一つ一つ丁寧に作られており、その表情や姿勢には、日本の伝統美が見事に表現されています。

「招き猫」島田耕園
・価格|5,000円(税別)




その他にも、多彩なアイテムをご用意して皆様のご来店をお待ちしております!



■ 展示商品の一部はオンラインショップでも期間限定に販売
2024年1月15日(月)~2月29日(木)の期間、展示商品の一部がオンラインショップにてご購入できます。
「にゃんと工芸」特集ページ▶ https://mocad-shop.com/collections/cats-and-crafs

MOCAD ONLINE SHOP(https://mocad-shop.com)は京都伝統産業ミュージアムが運営するオンラインショップです。話題の工芸品や企画展関連グッズ、ミュージアムショップの一部商品など、人気商品がラインナップ。おうちにいながらにして、お買い物が楽しめます。



■ 売上金の一部を「京都市動物愛護事業推進基金」へ寄付
京都動物愛護センター マスコットキャラクター 京ちゃん(左)・都ちゃん(右)
「にゃんと工芸」では、ねこと人が共に暮らせる優しい世界になることを願い、売上金の一部を「京都市動物愛護事業推進基金」(通称:京都市人と動物が共生できるまちづくり基金)に寄付させていただきます。

同基金に集まった寄付金は、以下のような事業に活用されています。
・適正飼養の啓発や譲渡の促進に向けた取組
・動物愛護週間事業などの動物愛護事業の推進に向けた取組
・子供を対象とした動物愛護教育の推進に向けた取組
・収容動物の適切な飼養管理に向けた取組
・ペットの災害対策に向けた取組
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ