和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年04月25日(木)

良型アオリイカ釣れる、例年より小ぶり多い 紀南地方 

【釣り上げられた良型のアオリイカ】
【釣り上げられた良型のアオリイカ】
 冬から春へと移り変わる季節、紀南地方で良型のアオリイカが釣れている。釣り方はヤエンと餌木。例年なら2キロ前後の大物が出る季節だが、今年は0・5〜1キロと比較的小さいものが多い。釣り人は「水温が上昇してくれば大型も沿岸に近づいてくるのでは」と期待している。


 ヤエン釣りは、餌となるアジが重要。大きめで生きが良いものを選ぶ。道糸は2〜4号で、海中で目立ちにくいという黒色や茶色なども売られている。アジの泳がせ用専用の針を使うと素早くセットできる。カン付きのチヌ針でも代用できる。中には金属を嫌ってアジのしっぽに直接道糸を結ぶ人もいる。


 釣具店によると、ヤエンはM以上の大きめが売れている。遠くまで滑らせられる滑車付きが人気。ヤエンを使わないウキ釣りをする人もいる。これもセットの仕掛けが販売されている。


 餌木釣りは、3〜4号の大きめの餌木を使う人が多い。色はピンクやオレンジなど赤系が人気だが、他にもいろいろ出ている。道糸はPEラインの0・6〜0・8号。リーダーにはフロロカーボンの2〜3号。ナイロン糸の2〜3号を通しで使う人もいる。


 釣れる時間帯は朝夕。月のある日は夜通し狙える。曇っていれば昼間でも釣れる。(海)