和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月29日(木)

JR東日本、池袋駅と武蔵溝ノ口駅でアバターロボット稼働へ みどりの窓口きっぷ購入案内など実用検証

JR東日本、池袋駅と武蔵溝ノ口駅でアバターロボットの実用検証
JR東日本、池袋駅と武蔵溝ノ口駅でアバターロボットの実用検証
 JR東日本は8日、池袋駅と武蔵溝ノ口駅の「みどりの窓口」で、きっぷ購入などをアバターロボットが案内する実用検証を、2月13日より実施すると発表した。

【写真】アリかも…きっぷ購入にアバターロボットが付き添う様子

 両駅のみどりの窓口付近にアバターロボット「newme」(ニューミー)を配置し、別の場所にいる駅係員が遠隔で利用者に声かけ、指定席券売機への誘導、きっぷの購入方法を案内する。

 「newme」は、avatarin(アバターイン)株式会社が独自開発したもの。3月13日まで、午前11時~午後2時に稼働予定。状況により稼働しない時間や、改札口付近に設置する場合もあるという。

 JR東日本は「実用検証の結果を踏まえ、駅構内などでアバターロボットを実運用する際の課題を抽出し、アバターロボットに関する実用に向けた改善を行っていきます。今後もお客さまへのご案内業務のDXに取り組むことで、労働人口減少を受けたご案内サービスのあり方について検討を行います」とコメントした。

【写真】汚れもそのまま…2023年10月まで実際に使用された東海道新幹線「車内販売用ワゴン」
【画像】『東海道新幹線再生アルミ』を活用した金属バット
【写真】豪華!『ちいかわ』と東海道新幹線が初コラボしたオリジナル駅弁やグッズ
<Twitterはこちら>「新幹線 お世話になりました」感謝をつづった国分太一
東海道新幹線のチャイム 20年続いた「AMBITIOUS JAPAN!」が7・20終了
提供:oricon news