和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月20日(土)

akaBotがEverest GroupのRPA PEAK Matrix(R)で「Major Contender」としてランク付けられる

【テキサスシティー(米テキサス州)2024年2月21日PR Newswire=共同通信JBN】厳格な基準を持つ独立の世界的調査会社Everest Groupはこのほど、ロボットプロセスオートメーション(RPA)ソリューションに関する2023 PEAK Matrixリポートをリリースしました。このリポートは世界中の25の著名なサービスプロバイダーを評価しており、特にFPT ISのakaBotがデビューして「Major Contender(メージャーコンテンダー)」として認められました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402216867-O1-nf6k8hSq

Everest Groupによる年次PEAK Matrix(R)評価は、世界で最も包括的な評価フレームワークの1つと考えられており、企業が最適なサービスプロバイダー、製品、テクノロジーソリューションを選択する際に、情報に基づいた意思決定を行うための詳細な分析とデータを提供します。RPAオートメーションソリューションの2023 PEAK Matrix(R)評価には、FPT ISのakaBotが含まれており、UiPath、オートメーション・エニウェア(Automation Anywhere)、マイクロソフト(Microsoft)、Blue Prismなどの有名なオートメーションエンティティーと並んで、ベトナムの技術ソリューションがEverestのグローバルリポートに初めて登場しました。

Everest GroupのAmardeep Modi副社長は、世界的なサービスプロバイダー間の激しい競争を特徴とする自動化ソリューションエコシステムの堅調な発展を強調しました。Modi副社長は、akaBotがEverest RPA PEAK Matrix(R)Assessment 2023の「Major Contender」として頭角を現したと指摘し、この評価は、FPT ISのアジア太平洋地域における充実した顧客ベースに加え、製品機能と顧客価値への多大な投資によるものであると指摘しました。顧客は、顧客サポート、迅速な応答時間、ユーザーフレンドリーなプラットフォームにおいてakaBotが秀でていることを強調しました。

2023年には、金融、銀行、小売、製造などのさまざまな業界の3900社を超えるグローバル企業の顧客を抱えるakaBotは「Market Impact」カテゴリーでEverestから高い評価を受けました。2018年から開発されてきたFPT ISの自動化ソリューションは、10-15年間にわたり業界で認知されている老舗のソリューションプロバイダーに匹敵する強力な国際的存在感を獲得しています。

このリポートは、Amelia、Software AG、Sorocoなどの主要なテクノロジーパートナーとのコラボレーションを通じて実現されたakaBotの包括的な自動化機能を強調しました。akaBotは、人工知能(AI)、インテリジェントデータ処理(IDP)、プロセスマイニング、機械学習などの高度なテクノロジーを継続的に統合することで「インテリジェントオートメーション」の流れに乗っています。

akaBot(FPT IS)のBui Dinh Giap 最高経営責任者(CEO)は「akaBotがこのリポートに掲載されたことは、エベレスト山頂に到達したときの誇りに例えることができます。これは、多くの企業の業務の最適化とデジタルトランスフォーメーションに寄り添うことができ、評判が高くかつ信頼できるパートナーになるという当社の献身的な姿勢を反映しています」と述べ、同社の使命を明確にしました。

RPAオートメーションソリューションの2023 PEAK Matrix(R)評価のakaBot詳細リポートはここからダウンロードしてください。

詳細はウェブサイトhttps://akabot.com/ をご覧いただくか、LinkedInでakaBotをフォローしてください。

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402216867-O2-8G75sGhR

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202402216867
提供: