和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月20日(土)

【射出成形AI】成形品質安定化技術が日刊工業新聞「型技術 2024年3月号」に掲載

成形不良検知・条件調整に関する技術の概要と事例について掲載いただきました

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402196750-O1-4A5SFRX8

株式会社MAZIN(東京都中央区 代表取締役社長:角屋 貴則、以下、MAZIN)が提供する成形条件自動調整技術が日刊工業新聞社出版の「型技術 2024年3月号」に事例として掲載されました。
https://pub.nikkan.co.jp/book/b10053049.html

導入
日本の射出成形業界は、技術の高度化と市場の多様化に伴い、絶えず進化を遂げています。近年では、リサイクルプラスチックやバイオプラスチック等のサステナビリティを意識した材料を使用しての生産や、生産年齢人口の減少や技術者の高齢化といった社会的課題の解決など、様々な要求が高まっています。これらの課題の解決に向け、AIやIoTといったデジタル技術の活用を進める動きが加速しています。
熟練者の高齢化に伴う技能承継や、成形品の市場からの要求の高まりに伴い、金型内センサから得られる型内圧力や射出速度等の成形条件データの取得・解析技術の重要性は日増しに高まっています。

弊社の取り組み
株式会社MAZINは、射出成形プロセスにおけるAI技術の提供を通じて、業界の課題解決に積極的に取り組んでいます。
金型および、成形機から取得したデータに基づき、成形不良検知、成形条件調整を行う技術の他、樹脂粘度の推定や、材料ロットにおける品質ばらつきの定量評価等、射出成形業界が抱える課題の解決を支援するAIの開発を進めています。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402196750-O2-K283ultH
今回、「型技術 2024年3月号」では、上記のうち、成形不良検知、成形条件調整に関する技術の概要、その事例について掲載されています。是非、ご一読ください。

 
■会社概要
代表取締役:角屋 貴則
設立:2018年6月
所在地:東京都中央区日本橋本町3丁目3−6 ワカ末ビル2F
資本金:430,616,734円(資本準備金含む)
事業内容:製造AIの研究開発
URL:https://www.mazin.tech



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202402196750
提供: