和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月20日(土)

阪急西宮北口駅前にナチュラルワインとやさしいアテのお店ができます。

akinau
uoyaki cavebar 2024.2.29 START!! クラウドファンディング CAMPFIREに挑戦します。


uoyaki初代は大阪市天満駅に3畳のスペースからスタートしました。
西宮北口にウォークインセラーでワインを選べるナチュラルワインとやさしいアテのお店を出店します。一緒にお店を作り上げませんか?お店づくりの途中の状態やメニュー開発、ワインの仕入れなどを実体験を通じて味わうことができます!
ワイン好きな人やデザインが好きな人、ものづくりが好きな人、みんなで楽しみましょう。
活動報告を投稿していきますのでぜひお気に入り登録お願いします!
クラウドファンディング詳細
ぜひお気に入り登録をお願いします!

自己紹介
私たちは大阪天満、十三、都島に「uoyaki」というナチュラルワインと魚料理のお店を運営しているakinau株式会社と申します。
『商うをおもしろく。』をVISIONに掲げて。日本の商う力の底上げに挑戦します。

uoyaki天満 
このプロジェクトで実現したいこと
uoyakiのビジョンは家の近所にこだわりのワイン(ナチュラルワイン多め)角打ち。
家の近くに美味しいワインとちょっとしたアテ、さらにワインも購入できるそんな場所がたくさんあればその街の楽しみを拡充できるのではと考えています。

無添加干物 灰干しを炭火焼きで贅沢に。
商品・お店が作られた背景、実績
これまでに天満、十三、都島とお店をつくってきました。店舗を増やすと普通はデザインが統一されていくのですが、uoyakiでは店主と場所が変わるのにデザインが同じというのはどうしても違和感を感じてしまい、全店舗デザインを変えていく予定です。

詳細を見る

uoyaki十三 鋭角の土地の先っぽに両面屋台
私たちの商品・お店のこだわり
今回のテーマは土とワイン。お店のデザインは土の素材で仕上げていきます。
ワインもテロワールを意識して土壌の説明にもこだりたいと思います。


淡路島の天然の土壁の使用予定
リターンについて
リターンはワインや来店先行販売はもちろん、内装工事体験、商品開発参加、ワインの仕入れなど隠すことは何もありません。全てをオープンにし全てを知ってもらえたらと思っています。なかなか体験できないことをぜひuoyakiで味わってください!

リターンの説明


火山灰で水分を除いた高級干物。灰干しを炭火でナチュラルワインと共に。
スケジュール
2024.1 クラウドファンディング準備
2024.1 内装工事できるところからスタート!
2024.2 クラウドファンディングスタート!
2024.2 DIYでもがんばる
2024.3 絶対工事完成させる!
2024.3 クラウドファンディング終了
2024.4 無事オープンしたい!

資金の使い道
物件取得費用 1,000,000円
内装工事 4,800,000円
設備工事 1,800,000円
ワイン仕入れ 800,000円
備品 お皿など 300,000円
厨房機器 1,200,000円
合計 9,900,000円!!

飲食店を一つ作るには最低これくらいの費用がかってきます。
もう少しリーズナブルなお店の出し方を考えていますので、その考えもリターンに入れてもいいかもしれないですね。全てのリターンにおまけでつけておきます。
こんなところまでちゃんと読んでくれた人への特典です笑。

最後に
私たちの会社は、個人がおもしろく仕事をできるように個人が活躍できる場をつくっていきます。uoyakiができることで飲食店を利用していただくお客様だけではなく、働く人、食材の生産者様など関係するみんなが幸せ、おもしろい人生をおくれるように事業を作っていきます。ぜひお店づくり体験を一緒にやってみてください!経営に関すること、かかった費用、売り上げなど何でも共有いたします。
ご質問等ありましたらどしどし聞いてください。見返りはリターンを購入、もしくはシェア拡散をお願いします!!

現地マップ
akinau株式会社
『商うをおもしろく。』をVISIONに掲げて。
日本の商う力の底上げに挑戦します。
https://akinau.co.jp/

uoyaki
「料理とお酒」「お酒と料理」ふたりはお互いの長所をのばすだけではなく
短所も補うことができる。誰もが羨むベストマッチな関係。
uoyaki を体験すると、頭にふと浮かんでくる大切なヒトの面影が浮かぶ。
人は一人では生きていけない、いいところもあれば悪いところもあるそれが個性。そんな個性を補い、強めながら生きていく。
uoyaki から愛を込めて。
https://uoyaki.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ