和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月20日(土)

大阪なんばエリアで初:入野医院  / 脳ドックで「あたまの健康チェック(R)」を標準検査項目に

株式会社ミレニア
認知機能検査: 日本脳ドック学会ガイドラインでは必須項目に

 民間認知機能チェックサービスの最古参、セントケア・ホールディング<2374>傘下の株式会社ミレニア(本社:東京都港区)が全国の健診施設、自治体、研究機関に提供する予防的認知機能スケール「あたまの健康チェック(R)」が、2024年度より、医療法人入野医院(所在:大阪市浪速区元町 院長 入野宏昭)が提供する脳ドックならびにパーフェクトコースにおいて、標準検査項目として導入・提供が開始されることが決まりましたのでお知らせいたします。 当社は、これまでの知識と経験を基に、今後もあたまの健康チェック(R)の提供を通じて、「あたまの健康」活動を推進する地域・団体の活動を円滑に支援してまいります。



受診者ニーズは、「健常域からの経時変化観察」に


 認知機能低下の予防のため、生活習慣病が気になり始める中年期からの認知機能の定期チェックが関連医学会から推奨されはじめ、一層ニーズの高まりを見せる認知機能検査ですが、認知症の簡易評価を意図する、いわゆる「超異常値検知」のイメージから受診が見合わせられることが多いのが現状でした。
 あたまの健康チェック(R)は、従来検査法では天井効果により安定評価の難しかった「健常域」における正常値の経時変化観察が可能な初めての認知機能スケールです。
 全国の健診施設や自治体での「あたまの健康チェック(R)」の社会実装事例から、他の疾病・疾患とは異なり、「あたまの健康」領域では、受診者は自身の状態を正常値範囲で経時観察することを通じ、その状態を維持したいという思いから、認知機能低下予防に資する指導や情報に対して、強い行動変容意欲を示すことが分かってきました。

医療職の働き方改革にも寄与


 従前、認知機能検査は、医師やコメディカル職による検査実施が必須でした。あたまの健康チェック(R)のICT技術を活用したDXにより、職能を問わず(Inter-Rater Reliability)、短時間に検査精度を落とすことなく安定した認知機能評価の実施が可能となり、スタッフィングの柔軟性向上や医療職の働き方改革推進に寄与することが期待されています。



「あたまの健康チェック(R)」採用経緯: 入野 宏昭 院長



 2019年に改訂された『日本脳ドック学会ガイドライン』では、認知機能低下の予防を目的として50歳代の若年期からの脳ドック受診と生活習慣病予防やライフスタイルの改善による認知症予防指導が強く推奨されるようになりました。また、同ガイドラインでは、脳ドックにおいて認知機能検査の実施が必須項目として規定されるようになりました。
 従来の認知機能検査法では、まだ健常域にいる受診者の認知機能の状態を安定して評価することが難しいという課題がありましたが、あたまの健康チェック(R)は、全国の脳ドック施設における多くの実績をみても、正常範囲での機能状態の経時観察に適していると言え、予防的認知機能検査という新しいアプローチで受診者利益を実現できると判断し、このたびの採用にいたりました。

【脳ドックで認知機能評価】
 入野医院では、2024年度から脳ドックならびにパーフェクトコースにおいて、「あたまの健康チェック(R)」を標準検査項目として提供を開始いたします。また希望者には、単体オプションとしても、定期チェック機会の提供を開始いたします。

【このような方にオススメ】
〇 頭部MRI/MRA 画像検査の受診者
〇 糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病、難聴、睡眠時無呼吸症候群、ストレスや不安、めまいやうつ症状、などに該当する方
〇 60歳以上就労者で、運転業務、機械・重機操作、資格業務、特殊技能職、企業経営に携わられる方
〇 喫煙歴、不規則な食生活、運動不足などに該当する方
〇 頭部外傷や脳卒中などの経験がある方
〇 もの忘れが気になる、あるいは、周囲から指摘を受けたことがある方

検査環境保全性と地域医療との連携実績


 タッチパネル方式で受診者が自身で検査実施する、いわゆる「セルフチェック式」検査法では、正常に検査履行されたことを施設が担保することが難しい点や補助者をつけた際の過干渉の影響等、検査環境保全性やアウトカムの安定・信頼性に課題があり、地域医療との連携を想定する際の運用課題とされてきました。

 あたまの健康チェック(R)は、2006年からの全国自治体や地域医療との多彩な連携実績から検査環境保全性や地域医療との連携性が確認され、健診施設における安心・安定した検査運用を実現しています。

PHRアプリ「NOBORI」を活用したDX



 あたまの健康チェック(R)の受検結果は、紙面での提供に加え、PHR(Personal Health Record)アプリ「NOBORI」(https://nobori.me/)でも閲覧できるようになります。また、「NOBORI」を通じて、チェック結果をご家族や主治医等とデータ共有することができます。

認知機能スケール 「あたまの健康チェック(R)」



認知機能低下の訴えのない健康な方(対象年齢30歳~99歳)から受けられる、国内では初めての認知機能スケール。健常域における認知機能の定量的経時評価が可能。認知機能の状態を0~100の独自指標(MPI値)で分かりやすく経時評価。国内では、国の認知症予防事業IROOPの公式認知機能評価法に選択されたことを始め、全国の日本脳ドック学会認定施設や健診施設、自治体、大学・研究機関など広域に採用。神奈川県ME-BYO(未病)ブランド認定サービス。2022年度からは、PHRアプリ「NOBORI」とのリアルタイム連携体制を確立。2022年度からは、本スケールを用いた新分析法が米ADNI研究Data Inventoryに収載されている。一般的な認知機能評価法とは異なり、職能を問わず、対面実施の必要もなく、電話やビデオ通話を通じたリモート運用の汎用性が高い点も特徴。
※ タッチパネル式の自己操作型のセルフチェックやMMSE等、従前の認知症の有無や症状を評価するための神経心理検査(いわゆる認知症検査、2018年度からは保険適用)とは評価領域や目的が異なる


<本件に関するお問い合わせ>
セントケア・グループ<2374> 
株式会社ミレニア
あたまの健康チェック 担当
105-0021 東京都港区東新橋2-5-14
TEL:03-5408-7770
FAX:03-5408-7771
Mail: info@millennia-corporation.jp
URL: www.millennia-corporation.jp


<入野医院の各種脳ドックに関するお問い合わせ>
施設名: 医療法人入野医院
住 所: 556-0016 大阪市浪速区元町2丁目3-19
TEL: 06-6634-0350 (受付時間: 月~金 9:00-17:00)
ウェブでの予約申し込みはこちら: https://irino.jp/doc-form/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ