和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月14日(日)

HONORがMWC 2024でAIを活用したオールシナリオ新戦略を発表

HONORがHONOR Magic6 ProとAI PCのHONOR MagicBook Pro 16のグローバル発売を発表し、AI時代を実現するためのオープンコラボレーションによるイノベーションを実証へ

【バルセロナ(スペイン)2024年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】グローバルテクノロジーブランドのHONORは26日、AIを活用したクロスOSコラボレーションと人間中心のインテントベースAI、グローバルパートナーとのスマートデバイス・スイートを発表し、オールシナリオの新戦略を明らかにしました。HONORは基調講演で、HONOR Magic6 Proのグローバル発売を発表しただけでなく、最新のAIPCであるHONOR MagicBook Pro 16のグローバル発売も発表しました。これらの製品すべてにHONORのプラットフォームレベルのAIが搭載され、人間中心の体験を高めます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402287175-O1-lqI3A90o

HONOR Device Co., LtdのGeorge Zhao最高経営責任者(CEO)は次のように述べました。「AI時代に向けて速いペースで前進する中、HONORは、消費者の皆様の要望や解決が困難なことに対応し、オープンでシームレスな体験をもたらす人間中心のイノベーションの提供を約束します。私たちは、業界をリードするAIの能力によってユーザー体験を真に革新し、人間とデバイスの相互関係の限界を打ち破った、新しいHONORスマートフォンとAI PCのグローバル発売を発表できることをうれしく思います」

HONOR Magic6 ProでAIの魔法を見つけてください

名高いHONOR Magicシリーズのフラッグシップ・ラインアップに新たに加わったHONOR Magic6 Proは、写真、ディスプレー、パフォーマンス、AIを駆使したユーザー体験における進化を誇ります。HONORは人間を中心としたイノベーションへの取り組みを原動力として、フルにパワーアップしたHONORのプラットフォームレベルAIと業界初のインテントベースUIを導入した、Androidベースの同社オペレーティングシステム最新バージョンであるMagicOS 8.0を発表しました。これにより、HONORはユーザー体験を変革し、人間がスマートデバイスと相互に関係するための、全く新しいマルチモーダルな方法を紹介します。

Magic CapsuleとMagic Portalによって強化されたHONOR Magic6 Proは、よりパーソナライズされた直感的な体験をユーザーに提供します。画面上部の通知バナーをタップするだけでMagic Capsuleが拡大し、追加情報や関連オプションが提供され、ユーザーは必要なリソースにすぐにアクセスできます。これにより、ユーザーは生産性と効率を最大化するために複数のアプリを利用する必要がなくなります。一方、Magic Portalは、ユーザーのメッセージと行動を理解するためにAIの力を活用し、複雑なタスクをシングルステップのプロセスへと効率化します。例えば、Magic PortalのAIはテキストメッセージ内の住所を素早く認識し、ユーザーをGoogle Mapsに誘導してナビゲーションを簡単にします。また、TiktokやFacebookのようなソーシャルメディアのアクセスやシェアも効率化し、予約の詳細やオンライン検索結果をドラッグするだけで転送できます。さらに、Magic Portalは画像ベースのショッピング体験を容易にします。ユーザーをプラットフォームへとスムーズに誘導し、そこで希望の商品を見つけ、購入することができます。

パートナーやアプリ開発者との協力の結果、Magic Portalは世界で最も頻繁に使用されている100以上のアプリに対応しています。ユーザーはお気に入りのアプリを使ってMagic Portalの可能性を最大限に楽しみながら、様々なプラットフォームをシームレスに体験することができます。

刺激的なAIの実践、その頂点の一部を紹介します HONORはAI時代のオープンで協調的な精神を受け入れ、業界パートナーと積極的に協力し、さらに多くの業界をリードするテクノロジーを一般に提供するよう努めています。将来の可能性のプレビューとして、HONORはHONOR Magic6 Proの内部にオープンソースLlaMA 2を備えたオンデバイスAIを搭載しました。これにより、オフライン環境でQ&A、テキスト作成、読解などの機能を完結することができます。このような業界内コラボレーションは、ユーザーにとってより想像力豊かな未来を開くでしょう。

HONORは、スマートフォンの視線追跡が将来的に実現する可能性を実証するため、HONOR Magic6 ProのAI視線追跡システムを通じ、自動車をハンズフリーで制御することが可能であることを明らかにしました。この実験的なコンセプトは、AIを搭載したスマートフォンと自動車のインタラクションが、画面や音声による操作を超えて、人間とデバイスのインタラクション領域に大きな可能性をもたらすことを示しています。

HONORのAIを駆使したFalconカメラシステムでプロ級のスポーツ映像を体験

消費者がスポーツイベントの興奮に満ちた年を楽しみにしている中、HONORはキャプチャー速度の向上と鮮明なスナップショットを実現する、金メダルに値するスポーツ写真の提供を重視しました。このほど初登場した、改良された新しいHONOR Falconカメラシステムは前世代より28倍大きなデータベースでトレーニングされたAIモデルを搭載しています。HONOR Magic6 Pro は高度なAIキャプチャーアルゴリズムであるHONOR AI Motion Sensing Captureを備え、決定的な瞬間を難なく予測し、超高精細画像でキャプチャーします。HONOR Magic6 Proの進化したHONOR AI Motion Sensing Captureは、ジャンプ、ダンス、格闘技など、より幅広いスポーツやアクティビティーをカバーすることにおいて前世代を凌駕しており、スポーツイベントやレースでのスリリングな瞬間をとらえるのに最適です。

さらに、HONORの最新カメラシステムは、2.5倍の光学ズームと最大100倍のデジタルズームを備えた180MP望遠カメラレンズ(f/2.6、OIS)を装備しています。また、HONOR Magic6 Proは、50MP超広角カメラ(f/2.0、EIS)と、可変絞り機能を備えたパワフルな50MPメインカメラ(f/1.4およびf/2.0、OIS)を備えており、テンポの速い瞬間を、細部に妥協することなく非常に鮮明にとらえることができます。

HONOR NanoCrystal Shieldを備えた比類のないディスプレー

HONOR Magic6 Proは、業界史上最も耐落下性に優れたスクリーンガラスを採用しています。それにより、ディスプレーの耐落下性の向上において一歩先にあります。このディスプレーはSGSのFive Star Overall Glass Drop Resistance Ability(5つ星総合ガラス耐落下能力)認証の複数のシナリオで検証されており、結晶密度が50%向上した先進的な素材を採用し、通常のガラスと比べて衝撃吸収力が最大10倍向上しています(注1)。

その耐久性に加え、HONOR Magic6 Proは業界をリードする6.8インチのオールレンジ低消費電力LTPOアイコンフォート・ディスプレー(注2)を搭載し、業界最高の4320Hz PWM調光、ダイナミック調光、カスタマイズ可能なCircadian Night Display、Nature Tone機能など、人間中心のさまざまなイノベーションでユーザーの健康を優先しながら、並外れた視聴体験を提供します。

異業種間イノベーションによるパワフルなパフォーマンス

HONOR Magic6 ProはSnapdragon 8 Gen 3モバイルプラットフォームで動作します。これによりCPUパフォーマンスが30%、GPUパフォーマンスが25%、それぞれ向上しています。HONOR Magic6 ProのAI機能はQualcomm(R)AI Engineのサポートによって極めてスムーズかつ安定的であり、旧モデルと比較して98%向上しています。さらに、Snapdragon 8 Gen 3モバイルプラットフォームは優れたバッテリー効率で卓越したゲーム体験を実現し、強力なパフォーマンスを再定義する進化が満載されています(注3)。

HONORは、デバイスを長時間使用するユーザーにとってバッテリー寿命の重要性が高まっていることを認識しており、同社は他業種の新たなバッテリー革新をスマートフォンに応用した最初のブランドとして際立っています。HONORは創造破壊的な電気自動車(EV)業界からヒントを得て、エネルギー効率を高めるバッテリー管理チップセットHONOR E1を搭載した全く新しいHONOR第2世代シリコンカーボンバッテリーをHONOR Magic6 Proに搭載しています。その5600 mAh(注4)は卓越した低温性能を発揮し、ユーザーはわずか10%のバッテリー残量でも、セ氏マイナス20度の環境で81分間(注5)YouTubeの動画を再生することができます。さらに、80WのHONOR Wired SuperChargeと66WのHONOR Wireless SuperCharge(注6)を使えば、ユーザーはHONOR Magic6 Proをわずか40分(注7)で100%まで充電することができるため、多忙なユーザーは移動中に素早くデバイスを充電することができます。

HONOR Magic6 Proの高度なバッテリー技術の卓越性を確立したこのデバイスは、DXOMARKグローバルバッテリーランキングで最高スコア157を獲得し、見事に1位を獲得しました。また、2024年には、HONOR Magic6 Proの優れたカメラ、オーディオ、ディスプレー、バッテリー、自撮り機能に、初となるDXOMARKラベル5つが授与されました。

AIを活用し、すべてのシナリオで相互接続の体験を創出します

インテリジェントなオールシナリオPC体験を実現するHONORは、OS間のコラボレーションを可能にする最新のAI搭載ノートPCであるHONOR MagicBook Pro 16を発表しました。HONOR MagicBook Pro 16は、最先端のCPUとGPUを搭載したHONORのプラットフォームレベルのAIによってもたらされたパフォーマンス向上の恩恵を受け、MagicRingによってHONORのスマートフォン、PC、タブレット間で通知を共有したり、マテリアルを同期したりすることが容易になり、最高の利便性と容易なアクセスを保証します。

すべてのシナリオをよりコンパクトなデバイスで体験できるように、HONORは最新タブレットのHONOR Pad 9も発表しました。このタブレットは、優れた12.1インチ2.5K HONOR FullView Display(注8)、120Hzのリフレッシュレート(注9)、HONOR Histenサウンドチューニング技術を組み込んだ8スピーカーオーディオシステムを誇ります。HONOR Pad 9は卓越したユーザー体験と独特のデザインを備えた機能満載のタブレットです。

ポルシェデザインHONOR Magic6 RSRのティーザーを発表 HONORは今年のMWCで、折りたたみ式スマートフォンのポルシェデザイン(PORSCHE DESIGN)HONOR Magic V2 RSRを世界の舞台に向けて正式に初披露しました。また、それにとどまらず、ポルシェデザインのDNAを体現したスマートフォンのポルシェデザインHONOR Magic6 RSRのティーザーも公開しました。この製品の詳細および市場での購入については近日中に発表の予定です。

カラーと価格について

洗練されたモダンなスタイル、時代を超越した魅力を好むユーザー向けにデザインされたHONOR Magic6 Proにはブラックとエピグリーン(注10)があり、価格は1299ユーロから。象徴的なポルシェ車に敬意を表したポルシェデザインHONOR Magic V2 RSRのカラーはアガタグレー(注11)で、価格は2699ユーロからです。

HONOR MagicBook Pro 16にはホワイトとミッドナイトブラック(注12)があり、第2四半期からの発売です。スペースグレーとシアンレイク(注13)の2つの魅力的なカラーがあるHONOR Pad 9の価格は349ユーロです。

より詳しい情報は、HONORオンラインストア(www.hihonor.com)をご覧ください。

▽HONORについて 

HONORは世界をリードするスマートデバイスのプロバイダーです。同社は世界のアイコニックなテクノロジーブランドになり、その強力な製品・サービスを通じ全ての人に新しいインテリジェントな世界を切り開くことに尽力しています。研究開発(R&D)に揺るぎない重点を置き、世界中の人々が限界を超え、達成してさらなる高みを目指す自由を人々にもたらす技術開発にコミットしています。あらゆる予算に合う一連の高品質なスマートフォン、タブレット、ノートパソコン、ウエアラブルを提供し、革新的でプレミアム、かつ信頼できるHONORの製品ポートフォリオは、人々が自らを進化させることを可能にします。 

より詳しい情報はHONORオンライン(www.hihonor.com )をご覧になるか、(newsroom@hihonor.com )まで電子メールにて連絡をお願いします。

https://community.hihonor.com/
https://www.facebook.com/honorglobal/
https://twitter.com/Honorglobal
https://www.instagram.com/honorglobal/
https://www.youtube.com/c/HonorOfficial 

(注1)HONOR labsによるデータです。

(注2)ディスプレーのラウンドコーナーデザインで、標準的な長方形で測った場合、外側スクリーンの対角線の長さは6.80インチです(実際の表示可能エリアは僅かに小さくなります)。

(注3)QualcommおよびSnapdragonは、Qualcomm Incorporatedの商標または登録商標です。SnapdragonおよびQualcommブランドの製品は、Qualcomm Technologies, Inc.および/またはその子会社の製品です。

(注4)標準値です。取り外しできないバッテリーの定格容量は5600mAhです。

(注5)HONOR labsによるデータです。

(注6)実際の充電電力は、さまざまなシナリオによってインテリジェントに変化する場合があります。実際の状況を参照してください。

(注7)HONOR labsによるデータです。

(注8)ディスプレーのラウンドコーナーデザインで、画面の対角線の長さは、標準的な長方形に従って測定した場合、12.1インチです(実際の表示領域はわずかに小さくなります)。HONOR FullView Displayは一般的に、ベゼルが狭くてスクリーン対ボディ比が高いHONORノートPCのスクリーンを指します。実際の製品をご参照ください。

(注9)画面のリフレッシュレートはアプリケーションによって異なる場合があります。画面は最大120Hzのリフレッシュレートに対応しています。リフレッシュレートは、アプリケーションインターフェースやゲーム画面によって異なる場合があります。

(注10)入手できるカラーは地域によって異なります。

(注11)入手できるカラーは地域によって異なります。

(注12)入手できるカラーは地域によって異なります。

(注13)入手できるカラーは地域によって異なります。

ソース:HONOR

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402287175-O2-sT14uB2I

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202402287175
提供: