和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年04月25日(木)

チヌ釣れだす 重量増し「釣り味」抜群

【チヌ】
【チヌ】
 紀南地方でチヌ(和名クロダイ)が乗っ込み(産卵期)を迎えた。田辺湾では50センチ前後の良型が釣り上げられている。繁殖に備え重量が重くなり、見た目も太くなっている。普段より引きが強く”釣り味”が楽しめる。


 釣具店の情報では、今年の乗っ込みは例年より早いという。この季節になると、沖磯、地磯、堤防を問わず釣れ始める。多い人は3匹以上釣っており、釣具店への情報も多くなっている。


 釣り方はグレと同じフカセ釣り。仕掛けはハリス1〜1・5号とグレより細め。堤防の場合、さらに細いハリスを使う釣り人もいる。針はチヌ針2〜4号。ウキ下は刺し餌が海底から50センチ〜1メートルほど上がるようにする。刺し餌は一般的にオキアミを使うが、ボイルオキアミを使う人が増えている。


 中には紀州釣りで狙う人もいる。ウキ下は底から50センチほど切るようにする。食いが渋い時は50センチ〜1メートルほどを底にはわすうように浮き下を調整する。当たりが出にくく慣れが必要。


 この時季は臭みが少なく、刺し身でも食べられるがフライがお薦め。臭いが気になる人は、小麦粉の代わりにカレー粉をまぶすと、おいしく食べられる。(海)