和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月20日(土)

Yutong純電気バスがノルウェーとカザフスタンの極寒地の試験で優秀な成績

【鄭州(中国)2024年2月29日PR Newswire=共同通信JBN】世界の大手バスサプライヤーであるYutong Bus Co., Ltd.(「Yutong」、SHA:600066)は、ノルウェーとカザフスタンの極寒の気象条件下で同社の純然たる電気バスの厳しい路上試験を無事に完了、公共交通機関の電化で重要なマイルストーンを実証しました。カザフスタンではセ氏マイナス25度という低温に直面したものの、Yutongのバッテリー電気バスは374kmの驚異的な走行距離を達成し、過酷な気候での電気バスの性能の新たな基準を設定しました。

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=RlR0OGGM7PI

カザフスタンのアスタナやノルウェー北極圏内の極寒の環境での試験は、単なる耐久力の試練ではなく、極限状態での電気バスの運行能力を明確に示すものでした。

カザフスタンで試験したE18PROモデルは、2024年1月21日に困難な旅に乗り出し、バスの驚くべき走行距離だけでなく、1500人を超える乗客に暖かく快適な環境を提供する能力も実証しました。厳しい寒さの中でも車内温度をセ氏18-22度に保つことで、快適性が向上したと乗客から特に称賛されました。

E18PROの成功の秘密は、リン酸鉄リチウム電池の最適な温度を維持する液体加熱システムを備えたYutongの最先端のバッテリー技術にあり、極寒の気候でも効率的な動作を保証します。さらに、このバスは世界中で19万台の新エネルギー商用車を運行してきたYutongの豊富な経験の恩恵を受けており、極寒の運行に合わせてカスタム化された制御戦略を採用しています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297306-O1-l0KKb8K4

Yutongの卓越性の追求はノルウェーでも続き、U12モデルはKirkenesで厳しい試験を受けました。105kmにわたる実地試験で1.56kw/kmの電力消費を達成したU12は、セ氏マイナス33度に達する気温でも問題なく動作しました。Yutongは、特にノルウェーの塩分を多く含む雪の多い条件下で、腐食や摩耗に対する車両の耐久性強化に重点を置いたことが、その成功に不可欠でした。

ノルウェーでは331台を超えるバッテリー電気バスが運行されており、Yutongは世界中の公共交通機関の持続可能性の向上に向けた揺るぎない貢献を示しています。バッテリーの液冷システムから、遠隔空調スケジュールや故障診断などのインテリジェント機能に至るまで、同社の革新的なアプローチは、電気バス市場での主導権を示しています。

よりグリーンで安全な公共交通システムに向けた国際的な動きを推進するYutong Busの寄与は、バッテリー電気自動車の機能でのこの目覚ましい進歩を通じて明確に実証されています。

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402297306-O2-naeV8GPg

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202402297306
提供: