和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月13日(木)

プレミアム商品券の申請受け付け延長 みなべ町

 消費税増税に合わせて実施している「プレミアム付商品券」事業で、和歌山県みなべ町は対象となる住民税非課税の人からの申請が少ないことから、受付期間を12月27日まで1カ月延長する。

 家計に与える影響の緩和や地域の消費下支えを目的に実施している事業。商品券の販売は住民税非課税の人と、2016年4月2日~19年9月30日に生まれた子どもがいる世帯が対象。購入限度額は住民税非課税の人が2万円(額面2万5千円)。子育て世帯は、対象の子ども1人につき2万円(額面2万5千円)購入できる。利用期間は来年2月29日まで。

 住民税非課税の人は購入に際して審査があるため、町は事前に商品券事業の案内や商品券購入引換券交付申請書を送っており、購入希望者は申請書を町総務課に提出する必要がある。町によると、今月6日現在で対象者は2362人いるが、申請者は730人で申請率は約31%という。

 同課は申請者数が低調なことについて、プレミアムは付くが購入に2万円の負担が生じることや周知不足があるかもしれないと感じているといい、今月末に配布の広報紙でも改めて案内する予定という。一方、商品券を使うことができる参加店は、15日現在で67店ある。

 問い合わせは、みなべ町総務課(0739・72・2051)へ。