和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

「まるで写真」「どんな味?」”紅葉カクテル画”に称賛の声、作者語る「表現したい空気感」

風景画『水面の下の灯り』と『秋のカクテル』画像提供:banishment(@yokaibanish)さん
風景画『水面の下の灯り』と『秋のカクテル』画像提供:banishment(@yokaibanish)さん
 『空のカクテル』『秋のカクテル』など“風景画をカクテルグラスの中に閉じ込める”イラストが話題になっている。写真と見まがうほどの精巧さに、ユーザーからは「イラストだった!! 写真かと思った」「世界観というか……綺麗すぎて好きです」などの声が挙がっている。これらを手掛けたbanishmentさんに、作品制作について聞いた。

【写真】夏の晴れた空にもこっとした雲、晴れやかな「空のカクテル」

■カクテルグラスの中に紅葉や天空を描いた“カクテル画” 

 ワイングラスやマティーニグラスの中に風景画を描き込む手法でイラストを発表しているbanishmentさん。「普段絵を見ない方々のもとにも風景画の良さを伝えたい。また、想像することの楽しさも感じてもらいたい」という思いから、こうした“カクテル画”を描き始めた。

 「紅葉の時期に最高」とSNSで話題の『秋のカクテル』は、グラスの中に夕日に照らされて赤く映える紅葉が描かれた、写真に見間違えるほど写実的なカクテル画。投稿からおおよそ2日間で、約32,000件のリツイート、134,000件のいいねを集め、海外の方からもコメントが多数寄せられた。この『秋のカクテル』について聞くと、「おしゃれなお店で誰かと一緒に飲みたい一杯です。描きたいもの、綺麗だと思うものをたくさん詰め込んで、見ていて楽しいものにしたいと思って作りました」と語った。誰でも気軽に楽しめる、甘いノンアルコールをイメージした“風景画”を目指したという。

――風景画を描いた理由を教えてください。中でも天空をテーマにした理由は?
【banishment】私も普段、空を見ようとすることはなかなかありませんが、地下から地上に出た電車の窓越しに突然現れる景色など、ふとしたときの風景に惹かれることがあります。何かしらの演出を通して風景に出会うことの面白さを伝えたくて、そのアイデアの一つとしてグラスの中に映る景色を描こうと思いました。

――風景画をグラスの中に閉じ込めるアイデアは、どう発案されたのですか?
【banishment】たとえばマンハッタンに落ちる夕日をイメージしたと言われる「マンハッタン」など、実際のカクテルにもそれぞれテーマがあり、想像力によってより楽しむことができるという文化があります。なので「カクテルって素敵だな」というところから始まり、より想像力が湧き立つようにイラストで表現しようとしたことから作品が生まれました。

■上下反転、雪を散らしてファンタジー性を入れ込む「写実的なだけではダメ」

 カクテル画の一つ『水面の下の灯り』はマティーニグラスの中に、夕日で照らされた木々と、少しずつ光り出した夕方の星空の景色が描かれている。第一印象としては橙色と青色が2層になった「商品写真」の雰囲気を見せるが、よく見るとグラスの中の景色は上下が反転しており、グラスの周りには雪や星が散っており、イラストであることがわかる。

――ほかのカクテル画についても教えてください。
【banishment】『水面の下の灯り』というイラストは “少し大人っぽい感じの味、ジンのような辛いお酒”をイメージしています。この作品は自分が、あったらいいな、と思う想像から生まれました。実在した場合、飲むときには甘い夕日を口に含み、口の中で転がしながら少し渋い星空を流しこむように飲むと良いと思っています。グラスの景色を上下反転させた理由としては、「視点が集まりがちなところ」に一番見せたい夕日を描くための工夫です。

――カクテル内の風景にはモデルがあるのですか?
【banishment】すべてのイラストで風景のモデルはあります。実際に訪れた場所で感じたことを元に描いていくので、その場所の空気感などが表現できればいいなと思います。実は思い入れのある場所だったり個人的に印象的な景色だったりするので、少しノスタルジックな印象になるのかもしれません。

■発色を美しく見せるために欠かせないのは「影の調整」「その日の空を見に行く」こと

 banishmentさんの描く風景画は、多くのユーザーから好評を得ている。空の描写や微妙な美しさを描く風景画にSNSでは、「新海誠氏のアニメみたい」「雲に吸い込まれそう」という声も。「こんな風に見えているなんて」と観察眼をうらやむユーザーもいる。この卓越した画力を駆使し、”風景をきれいに描く秘訣”など数々のこだわりを持って作品作りに取り組んでいるようだ。――”風景をきれいに描く秘訣”はどういう点にありますか?
【banishment】たとえば「秋のカクテル」では夕暮れの紅葉の色を見せるため、対比的に暗い印象で工場地帯を描いています。この工場などの影の要素が大好きで、かなりしっかりと描いています。影があることで光が眩しく見えるというこだわりは、自分のどの作品にもある要素かもしれません。

――紅葉した葉っぱや夕焼けの工夫は?
【banishment】個人的に暖色が好きで、オレンジ色から黄色に変わるグラデーションがしっかりと見えるように他の色をたくさん調整しています。心を締め付けるような青と、心を開放するような橙が混在するテーマである夕焼けは、私の作品に頻繁に出現します。

――「空のカクテル」の夏空っぽい色合いとやわらかな雲のタッチは、「秋のカクテル」とは温度や気候が違うように感じます。描き分けの工夫は?
【banishment】空と一言で言っても無限に色や形があり、一瞬たりとも同じ色を見せないので、それが大きな魅力だと感じています。テーマに合わせてどの空が良いか、過去の写真や、その日の空を見に行くなどして、作品ごとに良い空を探しています。

――グラスの立体感を出す工夫は? グラスの形もこだわっているのですか?
【banishment】グラスの形は、モチーフを面白く見せることを優先して選んでいます。後は実物の観察からそれらしく見せる要素を積極的に描きこんでいます。実際にグラスに下から光を当てて、どこが明るくなるか、などの実験をして、かなり質感をつかむことができました。

――今後描きたい作品や目標などがあれば教えてください。
【banishment】今回は国内外の方々に作品を見ていただけて、うれしい気持ちでいっぱいです。これからもSNSで多く作品を発表できればと考えています。ぜひ冬、春のカクテルも楽しみにしていただければ幸いです。

【写真】「どんな味?」“まるで写真”と見間違える、”紅葉カクテル” “空のカクテル”ほか作品まとめ
【傑作集】すごすぎる・・!ノートや紙パックを使った工作漫画、トリックわかる撮影舞台裏も
【リアル鉛筆画】鉛筆のみで描かれた綾瀬はるか、石原さとみ、有村架純がリアル過ぎる!
【漫画】「うちの子、まじめ以外に取り柄ない」ある母親の言葉に、うさぎのみみちゃんのとった対応は?
【写真】作画の様子もわかる?思わずドキッ、写真みたいなスケッチ画
提供:oricon news