和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

「おしりたんてい」来年4月に初ミュージカル化 伊勢大貴がオリジナルキャラクター務める

『おしりたんていミュージカル』キービジュアル (C)トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会
『おしりたんていミュージカル』キービジュアル (C)トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会
 トロル氏の人気児童書シリーズ「おしりたんてい」が初めてミュージカル化され、来年4月25・26日に東京・練馬文化センターで上演されることが決定した(計4公演)。Eテレで放送中の『おしりたんてい』テレビアニメ主題歌「ププッとフムッとかいけつダンス」を担当している俳優・歌手の伊勢大貴が、ミュージカルオリジナルのキャラクターとして出演することも明らかになった。

【写真】オリジナルキャラクターで出演する伊勢大貴

 見た目がおしりでも推理はエクセレント、「フーム、においますね」が口ぐせの名探偵「おしりたんてい」が、ププッと事件を解決する人気の児童書シリーズ。昨年12月よりNHK Eテレでテレビアニメのレギュラー放送がスタートし、今年4月には初の劇場アニメ化作品『おしりたんてい カレーなる じけん』も公開されるなど、映像化により人気がさらに拡大した。著者のトロル氏は『オリコン年間BOOKランキング 2019』(集計期間:18年11月19日~19年11月17日)の「作家別」で昨年に続き売上1位を獲得している。

 今回の『おしりたんていミュージカル』は、ストーリーに合わせて歌、ダンス、そして謎解きがステージ上で融合し、おしりたんていと観客が一緒に難事件を解決する観客参加型のファミリー向け「なぞときミュージカル」。初ミュージカルが描く事件は『むらさきふじんのあんごうじけん』。読み物シリーズ1作目として登場以降、今なお人気を誇る。

 『銀河英雄伝説 Die Neue These』『誰ガ為のアルケミスト舞台版「聖石の追憶」』など多くの舞台作品で活躍する伊勢は、おしりたんていやブラウンを支えるミュージカルオリジナルの役に決定。「いつもは舞台などを中心に役者として活動しているので、今回、初のおしりたんていミュージカルに、歌手としてだけでなく、役者としても立てることがとても光栄です。いったいどんなキャラクターで出演することになるのか楽しみでなりません! 劇場でお待ちしております!」と呼びかけた。

 演出を手掛けるのは、金谷かほり氏。人気テーマパーク、コンサート、ライブパフォーマンスなど数多くのステージで、ドラマ要素の高いライブショー演出を得意とし、コメンテーターとしての顔も持つ。

●『むらさきふじんのあんごうじけん』あらすじ

オーイモのうえんの べにいもこさんは、サツマイモを つくりつづけて20ねん。サツマイモへの ふかいあいじょうから「むらさきふじん」とよばれている。そのむらさきふじんが、ごせんぞがのこした てがみをもって、おしりたんていの じむしょをたずねてきた。
てがみは あんごうでかかれていて、なんてかいてあるのか わからない。おしりたんていは てがみをよんで、あんごうのなぞにせまるが…

【画像】アニメ『おしりたんてい』の場面カット
【年間本ランキング】『おしりたんてい』著者・トロル氏、2年連続「作家別」売上1位
『プリキュア』×『おしりたんてい』コラボ映画製作決定? 20年4月公開で爆笑問題が本人役出演
『おしりたんてい』シリーズがTOP6独占 同ジャンル最多7作TOP10入り
『おしりたんてい』が『アナ雪』と並ぶ シリーズ6作、年間児童書ランキングTOP10入
提供:oricon news