和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月19日(土)

ICTオフィスに2社進出 田辺市上秋津

 和歌山県と田辺市は19日、同市上秋津の秋津野ガルテンに完成したICT(情報通信技術)オフィス「秋津野グリーンオフィス」に、いずれも大阪市に本社がある「アルティメットライフ」(田中悠貴社長)と「クレアネット」(谷美輝社長)が進出すると発表した。田中社長と谷社長は、ともに田辺市出身。


 同オフィスは、ICT企業の誘致による雇用の創出などを目的とした施設。2月に完成した。木造2階建てで、46平方メートルの部屋が4室ある。


 アルティメットライフは、フィットネス用品やアウトドア用品の開発販売などを手掛けている。2017年9月期の売上高は15億5千万円。同オフィスでは、地元農産物を使った商品開発やウェブ制作をする。


 クレアネットは、ウェブ制作やウェブ広告などを中心に事業展開しており、17年6月期の売上高は1億1750万円。事業拡大や人材育成の拠点として、同オフィスに事業所を設ける。


 両社とも6月に操業する予定で、5人程度を雇用する見込みという。


 26日に県庁で田中社長と谷社長、真砂充敏市長、仁坂吉伸知事が進出協定書に調印する。