和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月25日(土)

ダイハツ、業務委託先の元従業員によるギフト券約57万円分の不正取得を発表

2020年7月~8月に実施したタフチャレ!キャンペーン
2020年7月~8月に実施したタフチャレ!キャンペーン
 ダイハツ工業は14日、公式サイトで2020年7月~8月に実施したキャンペーン業務を委託していた会社の元従業員による不正行為事案について発表した。

【画像】ダイハツのコペン20周年記念特別仕様車の内装

 同社は冒頭、「2020年7~8月に実施した新型車キャンペーンにおいて、キャンペーン業務を委託していた会社の元従業員による不正行為事案(以下、「本事案」)が判明いたしましたのでご報告致します。お客様には、ご迷惑とご心配をお掛けすることとなりましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 詳細な内容として、「2020年にタフチャレ!キャンペーンとして、Twitter(現X)で募集し、ご参加いただいたお客様の中から抽選で1万名様にAmazonギフト券 2020円分をプレゼントする企画(以下、「本件キャンペーン」)を実施しましたが、本件キャンペーンの業務委託先である株式会社デルフィス(現トヨタ・コニック・プロ株式会社)の元従業員が、ご当選されたお客様が取得されたもののAmazonアカウントに紐づけていなかった未使用のギフト券を不正に取得しておりました」と報告した。

 また、「調査の結果、お客様が取得されたギフト券のうち281件について、不正に取得していたことが判明しております」とし、ギフト券56万7620円分の不正取得が判明したことを明らかにした。

 同社はお客様への対応として「本事案により不正取得されたギフト券番号を保有されていたお客様には、本件キャンペーンにご応募いただいたSNSアカウントを通じて事務局より個別にご連絡し、ギフト券番号再発行させていただきます。また、上記お客様のうち、ご応募いただいたSNSアカウントを現在使用されていないお客様は、【お問合せ窓口】に、ご応募いただいたSNSアカウントおよび、贈られたAmazonギフト券番号をご連絡下さい。その後、照合させていただいた上で、新たにギフト券番号を再発行させていただきます」と呼びかけ。

 今後の対応として、「弊社では、本事案の発生を厳粛に受けとめ、再び同様の事態が発生しないように、原因究明と再発防止に努めて参ります」と結んだ。

【画像】廃棄予定の商品を販売…8700万円の不正利益 バンダイナムコ子会社の元派遣社員が不正行為
東京メトロが謝罪、駅員が「遺失物着服」 システム悪用して“本人なりすまし”判明分で現金23.5万円など
マルコメ、みそ商品に異物混入で謝罪「ゴキブリと推定」 10.7万点を自主回収【対象製品・回収方法など】
大麻所持容疑で逮捕のRYO the SKYWALKER、所属事務所が謝罪「心よりお詫び」【声明全文】
Pascoの食パン『超熟』に“余計なもの”入り謝罪 「小動物らしき」異物…自主回収【対象商品】
提供:oricon news