和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月26日(日)

壮大なSF叙事詩、Netflixシリーズ『三体』続編の制作決定「壮大な結末まで語れることにワクワク」

Netflixシリーズ『三体』続編制作決定のアナウンスビジュアル
Netflixシリーズ『三体』続編制作決定のアナウンスビジュアル
 動画配信サービスの「Netflix」から、世界的ベストセラーSF小説の実写ドラマシリーズ『三体』の続編制作が発表された。

【画像】世界独占配信中のNetflixシリーズ『三体』場面写真

 原作は“SF界のノーベル文学賞”と言われるヒューゴー賞をアジア圏の作品として初めて受賞した、劉慈欣(りゅう・じきん、リウ・ツーシン)によるSF小説。迫り来る異星文明の侵略に直面する人類を、時代・国境を越えて壮大に描いた原作を実写化した本作は、今年3月に配信開始後、3週連続でNetflix週間グローバルTOP10(英語シリーズ)の1位を獲得する快挙を果たした。日本でも数週間にわたって、アニメや韓国ドラマに混じってTOP10入りを果たし、数分先の展開すら全く読めない斬新なストーリー展開で世界中の視聴者を魅了している。

 物語の始まりは1960年代の中国。愛する父を無残に殺されたことで人類に絶望した天体物理学者・葉文潔が、宇宙に向けて秘密裏に電波を発信――この行いが数十年後、地球規模の大災厄を招く…。そして時は現代。各国の優秀な科学者が次々と自殺するという異変が発生。さらに、ある科学者の視界だけに“数列が出現”する怪現象や、星空がキラキラと瞬く“宇宙のウインク”…といった驚天動地の事態も。

 異星文明の存在が発見され襲来も迫る中、打破の鍵は謎のVRゲームにあると判明。装着した途端、“現実”としか思えないリアルな五感とともに不可思議な世界に誘われ、そこであるミッションを課せられる。

 こうした謎の超常現象とともにつづられるのは、事態の引き金となるエリート科学者・葉文潔の物語や、現代で危機に立ち向かうため団結する科学者たちの友情といった重厚でエモーショナルな人間ドラマ。人類はどのようにしてこの未曾有の事態に対処し、どのような結末をたどっていくのか。

 続編のストーリーは明かされていないが、引き続き製作総指揮を務めるデヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス、アレクサンダー・ウーは、共同コメントとして「この物語を壮大な結末まで語れるということにワクワクしています。劉慈欣氏の素晴らしい三部作の最後のページを読んだときから、私たちは観客を宇宙の果てまで連れて行けることを望んでいました。さあ、始めましょう!」と並々ならぬ意欲を見せている。

Netflixシリーズ『三体』劇中のVRゲーム映像の撮影規模に驚がく、メイキング映像公開
Netflixシリーズ『三体』過去の名作SFにも引けを取らない人間ドラマに注目
キャメロン・ディアスの10年ぶり俳優復帰作、Netflixで11・15世界独占配信決定 “堂々たるスパイ姿”披露
鈴木亮平&森田望智、Netflix映画『シティーハンター』対談特別映像&オフショット「100tハンマー」秘話も
Netflixシリーズ『ウェンズデー』シーズン2撮影開始 クリストファー・ロイドら新キャストが明らかに
提供:oricon news