和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年10月19日(土)

カサゴ釣りに出掛けよう ルアーや生餌で

【田辺湾などで釣れ始めたカサゴ】
【田辺湾などで釣れ始めたカサゴ】
 紀南の海岸は「カサゴ」(通称名ガシラ)釣りのシーズンを迎えている。


 最近は気軽に楽しめるソフトルアー(ワーム)で狙う釣り人が増えているが、キビナゴやサンマの切り身などの生餌を使った穴釣りも人気がある。


 生餌を使う穴釣りの場合、道糸、ハリスとも3〜5号と太めを使う。重り1〜3号、口が大きいので針は大きめを使う。さおは長さが2メートル前後のルアーざおで腰が強いものを選ぶ。餌は釣具店で入手が簡単なキビナゴやオキアミなどが手っ取り早い。釣具店には小型のテンヤや穴釣り仕掛けが売られている。釣り方は餌をちょんちょんと動かしながら、丁寧に穴や割れ目を探っていく。


 ワームは、穴釣りの仕掛けに付けてもいいが、専用のジグヘッドを使った方が根掛かりが少なくなる。釣り方は4〜6メートル投げて着底してからちょんちょんと手前に引き寄せてきたり、海底をゆっくりはわせたりしてガシラを誘う。沈み根などの障害物周辺を攻める。重りを針の下に付けるダウンショットリグは根掛かりを防ぐのに効果的だ。


 ワームは専用の物が多数売られている。食い付きが良いといわれるにおい付きワームもある。道糸は1・5〜2号ぐらい。(海)