和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月22日(土)

『こち亀』夏に新作読切掲載へ 五輪イヤーで4年に一度の“あの男”登場か

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社
 漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(作者:秋本治)の新作読切が、夏頃に『週刊少年ジャンプ』で掲載予定であることが発表された。読切の掲載は2023年7月10日発売の同誌2023年32号から約1年ぶりとなる。

【写真】亀有をジャック!『こち亀』地域密着ポスター

 今年はオリンピックイヤーで、4年に一度の“あの男”が登場するかどうか、注目が集まる。

 1976年から2016年まで『週刊少年ジャンプ』で約40年にわたって連載された同漫画は、亀有公園前派出所に勤務する警察官の主人公・両津勘吉(りょうつ かんきち)が、東京の下町を舞台に、その同僚や周辺の人物と繰り広げるギャグ漫画。テレビアニメ化や、香取慎吾主演でドラマ化や実写映画化もされた人気作品となっている。

【画像】『ワンピース』作者が描いた「こち亀」の両さん
【画像】さすがの両さんもマスク姿に 秋本治氏が在宅応援イラスト
【画像】日暮もチラリ!公開された『こち亀』201巻の収録内容一覧&イラスト
【写真】何冊持っている?『こち亀』200巻分のコミックスがズラリ
【画像】完全新作掲載にピースする両さん
提供:oricon news