和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年08月18日(日)

くじらの博物館が50周年、太地町 ロゴマーク決まる

【開館50周年を記念して一般公募で選んだロゴマーク】
【開館50周年を記念して一般公募で選んだロゴマーク】
 和歌山県太地町の町立くじらの博物館が2日、1969年の開館から50周年を迎え、記念式典が同館であった。一般公募していた博物館の公式ロゴマークを発表するとともに、これまで延べ約1355万人が訪れた同館50歳の誕生日を、関係者が祝った。


 式典では、林克紀館長が「まだ盛んだった商業捕鯨が将来的に厳しくなることを予測し、クジラの恵みを生かした観光を核とする地域産業をつくり上げる方針を打ち立てた当時の町長によって創設された」と話し、開館5年後の1974年には入館者数がピークの約47万人に上ったことなど館の歴史を紹介。「今後の50年に向け、くじらの町の博物館として町民に愛され、自慢できる博物館づくりにスタッフ一同取り組んでいきたい」と抱負を述べた。


 続いて、2018年4月から12月末まで一般公募した公式ロゴマークデザインの選定結果を発表。113点の応募があり「当館をイメージでき、シンプルで分かりやすいデザイン」などとして、大阪市の会社員、西野有香さん(30)の作品を選んだ。