和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年07月24日(水)

熊野古道大辺路の散策楽しむ 龍神公民館の歩こう会

【熊野古道大辺路を歩く参加者(和歌山県すさみ町で)】
【熊野古道大辺路を歩く参加者(和歌山県すさみ町で)】
 和歌山県田辺市龍神村の龍神公民館は24日、市青少年育成市民会議龍神地区協議会と龍神スポーツクラブの共催で、すさみ町を通る熊野古道大辺路で「歩こう会」を開いた。


 熊野古道を歩いて世界遺産を学び、健康増進や参加者同士の交流を図ることを目的に、2016年から大辺路を歩いている。

田辺市北新町にある「道分け石」から始め、これまでに富田坂、仏坂を歩き、今回は長井坂を歩いた。


 この日の参加者は、龍神村内の親子や高齢者と孫など計17人。龍神村からバスで移動して馬転坂入り口から歩き始め、和深川王子神社で休憩。昼食後は枯木灘の景色なども楽しんだ。