和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月25日(火)

マンション購入時の“妥協”ポイント1位は「築年数」 「譲れない条件明確に」

「ファミリー世帯がマンション購入時に妥協しているポイント」アットホームが発表
「ファミリー世帯がマンション購入時に妥協しているポイント」アットホームが発表
 不動産情報サービスのアットホームが10日、マンション購入を検討するファミリー世帯の接客を担当したことがあるアットホーム加盟店を対象に実施した調査結果をもとに、『不動産のプロに聞いた!「ファミリー世帯がマンション購入時に妥協しているポイント」ランキング』を発表した。

【画像】「妥協しているポイント」2位以下(ランキング表)

 「マンション購入を検討しているファミリー世帯が、妥協しても問題ないと思う物件の条件を教えてください」という問いに、もっとも多かったのが「築年数」で40.9%だった。

 不動産会社からは「築年数の古さはリフォームで改善できる」「希望のエリアや間取り、広さが優先される」といったコメントが寄せられた。

 2位は、「外観のデザイン」で、不動産会社からは、「デザインよりもまずは生活する上でのスペースを確保することが最重要事項」というコメントが上がった。3位は「階数(所在階)」だった。

 不動産会社は購入時のアドバイスとして「譲れない条件と譲れる条件を明確にして検討した方がいいです」「戸建購入時とは異なる費用が、ランニングコストとして必要になるため、住宅ローンの月々の返済だけで考えずに管理費・修繕積立金についても月々費用が発生することを念頭において検討することが重要です」「管理会社の運用がきちんとしているか見極め、約款などを事前に確認する必要があります」などのポイントを挙げている。

 このほか「設備編」第1位は「床暖房」(52.2%)。「周辺環境編」第1位は「コンビニが近い」(32.9%)だった。

 調査は「マンション購入を検討しているファミリー世帯の接客を担当したことがある」と回答したアットホーム加盟店(425サンプル)を対象に、3月13日から19日まで、インターネットで調査した。

【画像】「自分が住みたい」不動産マンが絶賛した間取り公開
フワちゃん、マンション一棟借りが夢 住人は「全員友達」
一見、普通のマンションでも…30代不動産マンが絶賛した間取りに反響、「すべてが理想」「契約したい」
村井國夫&音無美紀子夫妻、月丘夢路さん&井上梅次さん夫妻との数奇的な縁 新婚で「たまたま入ったマンションの隣が」
青木源太アナ、大阪転居後のマンションで「おやすみなさい」と声かけられドキドキ
提供:oricon news