和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年06月16日(日)

キス釣りシーズン到来 家族でいかが

【紀南沿岸でシーズンを迎えたキス】
【紀南沿岸でシーズンを迎えたキス】
 紀南にキス釣りのシーズンが訪れた。田辺湾やその周辺の堤防などが主なポイントで、ゴールデンウイークごろから本格化して夏ごろまで楽しめる。


 仕掛けは市販されている2、3本針を使う。田辺市内の釣具店によると、この時季は小型が多く、小針が人気だという。各メーカーから専用のさおも出ているが、ルアーや磯用のさおで代用できる。それほど遠投しなくてもいいので、重りは軽めの5〜20号程度。根掛かりがしにくいフロート式の重りも面白い。着底後重りが立ち上がり、仕掛けが浮き上がるようになる。


 釣り方は、ここぞと思うポイントより遠くに投げてゆっくり探りながら引き寄せてくる。活性が高ければ、投げた後放置して当たりを待ってもいい。餌は石ゴカイがメインだが、人工ゴカイでも釣れるようだ。


 夕まずめから夜にかけて大物に出合う確率が高いという釣り人もいる。ただ、河口付近ではフグの襲撃に遭うので、ハリスの予備が多く必要になる。


 今は釣果にむらはあるが、うまく当たれば10匹以上釣れるという。


 キスは上品な白身でどんな料理にも合うが、天ぷらがおすすめ。週末に家族で出掛けてみては。(海)