和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年01月29日(水)

MDTがパッシブ磁気メモリー効果を備えたバイステーブルTMRスイッチセンサーをリリース

MDTがパッシブ磁気メモリー効果を備えたバイステーブルTMRスイッチセンサーをリリース

AsiaNet 82172 (2526)


【サンノゼ(米カリフォルニア州)、張家港(中国)2019年12月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*MDT独自のTMRテクノロジーは高性能な産業アプリケーション向けのパッシブ磁気メモリー効果を実現する

トンネル磁気抵抗(TMR)技術に特化した磁気センサーの大手サプライヤーであるマルチ・ディメンジョン・テクノロジー(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2670317-1&h=2046304682&u=http%3A%2F%2Fwww.dowaytech.com%2Fen%2F&a=MultiDimension+Technology )(MultiDimension Technology Co., Ltd., MDT)は、バイステーブルTMR磁気スイッチセンサーTMR1212(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2670317-1&h=4266433809&u=http%3A%2F%2Fwww.dowaytech.com%2Fen%2F2115.html&a=TMR1212 )/TMR1213(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2670317-1&h=1438584552&u=http%3A%2F%2Fwww.dowaytech.com%2Fen%2F2116.html&a=TMR1213 )/TMR1215(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2670317-1&h=1738756453&u=http%3A%2F%2Fwww.dowaytech.com%2Fen%2F2117.html&a=TMR1215 )の3モデルをリリースした。これらは低電力バイポーララッチングTMRスイッチセンサーで、電力供給を必要としない磁気極性によって引き起こされるON/OFF状態を検知し、それを保つことができる。パッシブ磁気メモリー効果は、ポジションおよびスピード測定におけるフェールセーフな運用を必要とするエレベータードアの階数ボタン、磁気フリップメモリーゲージ、非接触磁気ノブ、多数の産業アプリケーションにとっては最適である。

Logo -
https://mma.prnewswire.com/media/565378/MULTIDIMENSION_TECHNOLOGY_CO__LTD__LOGO.jpg

停電時、TMR1212/TMR1213/TMR1215はON/OFF状態をそのまま保存でき、電源供給が再開すれば最新の状態を直ちに回復する。TMR1212/TMR1213/TMR1215は、1.5マイクロアンペアの低電力消費によって常時アクティブ状態で高速運転できるように設計されている。スイッチング感度は20から90ガウスに設定され、さまざまな使用条件をサポートする。

マルチ・ディメンジョン・テクノロジーのソン・シュエ会長兼最高経営責任者(CEO)は「MDTのバイステーブルTMRスイッチセンサーは、ホール効果、AMR(異方性磁気抵抗)、GMR(巨大磁気抵抗)、TMRを含む半導体ベースのすべての磁気センサーテクノロジー市場で初のセンサーである。ラッチング機能を可能とするために2つの磁気を必要とし、大きなフォームファクターとなるバイステーブル・リードスイッチと比較して、当社のバイステーブルTMRスイッチセンサーは標準規格のSOT23ないしはTO92パッケージの極めてコンパクトなフットプリント、競争力のあるコスト効率性、向上した信頼性、さらにパッシブオペレーションと低電力の高速アクティブモードの独自の組み合わせを提供する。当社の強力なIPポートフォリオと高度な製造施設のおかげで、われわれは既存の磁気センサーテクノロジーの主要なメリットを結集し、着実に拡大するTMRセンサー製品ファミリーの限界を克服することで、当社のTMRテクノロジーの最高の価値を顧客に提供することができる」と語った。

MDTは、業界初のTMRセンサー量産サプライヤーである。特許保有済みの同社のTMRテクノロジーと自社所有の製造施設によって設計・製造されたMTDのTMRセンサーは、低電力、高感度、低ノイズ、磁気メモリー効果を備えるパッシブオペレーションを含め数々の優れた特徴を備えている。これらのセンサーはさまざまな産業、自動車、消費者、医療のセンサーアプリケーションにとって最適な選択である。

▽MDTについて
マルチ・ディメンジョン・テクノロジー(MultiDimension Technology)は2010年に中国・江蘇省張家港で設立され、支社は北京、上海、成都、寧波および日本の大阪、米カリフォルニア州サンノゼにある。MDTは独自の知的財産ポートフォリオ、最も条件の厳しいアプリケーション需要を満たす高性能、低コストのTMR磁気センサーの量産をサポートできる最先端の製造能力を開発した。MDTは、磁気センサー技術とエンジニアリングサービスにおけるエリート専門家と熟練者から成る中核管理チームに率いられ、同社顧客のために付加価値を創造し、その成功を確実にすることに尽力している。MDTに関する詳しい情報は、http://www.multidimensiontech.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Jinfeng Liu
jinfeng.liu@dowayusa.com,
Tel: +1-650-275-2318 (US)
+86-189-3612-1156 (China)

Jilie Wei
kevin.wei@dowaytech.com,
Tel: +86-189-3612-1160 (China)

ソース:MultiDimension Technology



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/201912164823
提供: