和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月21日(日)

『アンメット』ミヤビ、目覚めインスタ8日ぶり更新 その姿に大反響「今日に繋がったね」「このピースが全て」

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』主演を務めた杉咲花(C)カンテレ
ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』主演を務めた杉咲花(C)カンテレ
 俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜 後10:00)が、24日に最終回(第11話)を迎えた。一夜明けた25日朝、「川内ミヤビ」のインスタグラム(@miyabi_kawauchi)が“8日ぶり”に更新された。

【写真あり】『アンメット』ミヤビがインスタ更新!「おはようです、」

 ミヤビのインスタは、第10話放送前の17日に更新され、「あしたは焼肉丼の写真載せちゃいます、」と元気な姿を見せたのを最後に、「焼肉丼」は公開されないまま。「これ明日はって言ってたのに更新ないのってドラマで倒れたからってことですか……」「倒れちゃったから、更新が止まってるんですね」「焼き肉丼のお写真ずっとずっと待ってます!」など、心配が寄せられていた。

 そして最終回を終え、待望の新投稿となった。病院のベッドからピース。その手を自撮りし「おはようです、」とつづった。

 視聴者からは「良かった〜ご無事で何よりです」「今日に繋がったね」「「手術成功おめでとうございます!!素晴らしい方々に囲まれて健康でお幸せな日々を祈っていますね」「このピースが全てですね!大好きです」「私のことをアンメットは灯してくれました」「ここで続き見せてくれるとか神」など、コメントが殺到。

 フォロワーは、13.4万人にまで増え、今後のインスタ更新を期待する声も広がっている。

 同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画(原作・子鹿ゆずる/漫画・大槻閑人)を実写化。“記憶障害の脳外科医”川内ミヤビ(杉咲)が患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンドラマ。

※以下ネタバレあり

 ミヤビは、事故の後遺症で過去2年間の記憶を失い、今日(きょう)のことも明日(あした)には忘れてしまう。毎日日記をつづり、朝に読み返す日々。丘陵セントラル病院で看護助手として働いていたが、アメリカ帰りの医師・三瓶(若葉竜也)が赴任してきたことから、再び脳外科医としての道を歩みはじめた。

 前回の第10話までに、記憶障害の原因は、脳の中の「ノーマンズランド」(医学的に人がメスを入れてはならない領域)にあり、手術を成功させるには「ノーマンズランドにある0.5ミリ以下の血管を2分で縫う」ことが必要だと判明。三瓶は諦めず、綾野(岡山天音)、星前(千葉雄大)、そして大迫(井浦新)も知恵を絞り…。

 最終回では、倒れたミヤビに再発が認められ、脳梗塞が完成して命に関わるのも時間の問題というなか、ついに意識もなくなり、チーム一丸で手術へ。一方で、ミヤビと三瓶の出会い、南アフリカでの秘話も描かれた。

 そしてラスト、ミヤビが目を覚ました。三瓶「わかりますか?」、ミヤビ「わかります」。その二言だけで、すっとエンディングを迎えた。

【試読】「アンメット」の電子書籍
【写真】『アンメット』杉咲花、ミヤビ役に込めた思い800字超 チームの仲間&「若葉くん」へ、また「会いたい」
【写真あり】カッコよすぎ…「もう言葉はいらないですね」“藤堂院長”安井順平の公式Xより
【写真】胸熱! クランクアップ祝福でミヤビ&三瓶ら『アンメット』チーム集結
【写真】ミヤビの明日は…? 病院着で撮了を迎えた杉咲花
提供:oricon news