和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月22日(月)

【法人営業の皆さまに朗報】顧客の行動履歴×AIで「売れる顧客リスト」を生成することに成功、商談・受注率を劇的に上げる営業DXソリューション「Sales First」を提供開始

株式会社イノベーター・ジャパン
コンテンツ編集からデータ活用まで、デジタルメディアのプロ集団がB2Bコンテンツマーケティングを全力サポート




株式会社イノベーター・ジャパン(代表取締役社長:渡辺順也、所在地:東京都港区)は、B2B企業の法人営業部門を対象とした新しい営業DXソリューション「Sales First(セールスファースト)」の提供を開始しました。本ソリューションは、法人営業の現場が抱える多くの課題に対処し、自社メディアに蓄積される潜在顧客の行動履歴データとAIを活用して商談・受注率を組織的に向上することを実現します。
https://salesfirst.innovator.jp.net/
B2B営業の現場が抱える課題
B2B営業の現場では、商品やサービスの差別化が難しく、顧客の検討期間が長いため、一人の営業担当 者が継続的にフォローすることが困難です。営業活動が属人的で、担当者によって目標達成率のばらつきが大きく、デジタルツールを導入できていない、または使いこなせていない企業も少なくありませ ん。さらに、営業の人材採用が難しいという現実もあります。

Sales Firstのソリューション
Sales Firstは、これらの課題を解決するために開発されました。オウンドメディアに集まる個人情報や行動履歴情報をAIで解析し、今売れる可能性の高い顧客リストを生成することができます。これにより、営業担当者は効率的にターゲットを絞り込むことができ、商談の獲得率や受注率を飛躍的に向上させることが可能です。

また、企業のノウハウをコンテンツ化することで、自社のターゲット顧客が集まるメディアを構築し、従来のオウンドメディアマーケティングでは得られなかった継続的なコミュニケーションを実現します。
Sales Firstは、購買シグナルだけでなく、顧客の関心度の変化を検知することで、営業活動を一層効果的にします。

投資対効果
営業組織の多くは、売れる営業が2割、一般レベルの営業が6割、売れない営業が2割という割合で構成されています。Sales Firstは、売れる営業のノウハウを一般レベルの営業にも共有し、組織全体の営業成績を向上させることを目指しています。
一般レベルの営業の受注額が1.5倍になると、組織全体の受注額を20%増やすことが可能です。

背景と展望
イノベーター・ジャパンは、約15年にわたり出版・メディア事業のDXを支援し、デジタルメディアのコンテンツ編集・集客・収益化のノウハウを蓄積してきました。このノウハウを企業の営業活動に応用し、営業領域のDXを推進していきます。

今後も、テクノロジーとデザインを駆使して企業のイノベー ションを推進し、日本企業が世界に羽ばたく支援を続けてまいります。

■ 本サービスについて
売れる顧客リストで組織の営業力を向上
Sales First https://salesfirst.innovator.jp.net/


■株式会社イノベーター・ジャパン
「人の可能性を最大限に引き出しウェルビーイングな社会を実現する」を理念とする、日本発のビジネスデザインカンパニーです。IT、デザイン、コミュニケーションなど専門分野のプロフェッショナルがチームを組み、ビジネスの全体像を構想。本質を見極め変革に必要なソリューションを提供します。各種メディアを通し、社会の中の新しい価値を創出していきます。

<会社情報>
社名    : 株式会社イノベーター・ジャパン
公式サイト : https://www.innovator.jp.net
東京オフィス: 〒107-0062 東京都港区南青山3-13-18 313南青山ビル 202
代表者   : 代表取締役社長 渡辺 順也
設立    : 2010年7月
資本金   : 30,000,000円
事業内容  : メディアマーケティング事業(営業DX、デジタルBPO、デジタル広告)、デジタルインフラ事業


■ 本サービスに関する一般からのお問い合わせ
株式会社イノベーター・ジャパン
広報担当: 亀田
Tel : 03-3479-3450(代表)
Email: pr@innovator.jp.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ