和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月23日(火)

中国とスイスのビジネス対話がサプライチェーン・エキスポで経済的結びつきを強化 チューリッヒで開催された第2回CISCE推進イベントで両国の主要リーダーが今後の協力について議論

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252682-O2-1Dkb3XHr

チューリッヒ、2024年6月25日 /PRNewswire/ -- 6月19日、中国・スイスビジネス対話と中国国際サプライチェーン・エキスポ(CISCE)スイス・ロードショー第2回がチューリッヒで開催されました。このイベントは、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の任洪斌委員長率いる中国ビジネス代表団の訪問に合わせて開催されました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252682-O1-EncqYMDs

主な出席者には、Ren Hongbin氏、Chen Yun氏(チューリッヒ駐在およびリヒテンシュタイン公国駐在の中国総領事)、Xie Guoxiang氏(スイス駐在の中国大使館公使参事官)、Stefan Barny氏(スイス・グローバル・エンタープライズのグローバル・ネットワークおよび組織関係担当ディレクター)、Robert Wiest氏(スイス・中国商工会議所会頭)が含まれました。両国のビジネスリーダー100人以上が参加しました。

Ren氏は、中国の広範な市場と統合された産業チェーンが、スイスの先進的な経済状況と産業能力と対比されながら、発展における重要な利点であると述べました。彼はまた、相互の産業の強みとサプライチェーンの可能性を強調し、協力関係を強化し、グローバルなサプライチェーンプロセスを合理化するため、スイス企業に対し、来る博覧会への参加を促しました。

Chen氏は、第1回CISCEが中国の経済開放へのコミットメントを示し、第2回博覧会に対する国際的な信頼を高めたと称賛しました。彼はスイス企業が中国市場に参入するために博覧会の機会を活用することを奨励しました。

Xie氏は、中国とスイス両国のかなりの産業力に言及し、協力の大きな可能性を指摘しました。彼は、より多くの企業が中国との具体的な協力関係を追求するよう奨励しました。

Barny氏は、スイス・グローバル・エンタープライズが次回の博覧会へのスイスの参加を促進することを明言し、これは中・スイスと世界経済の結びつきを強化する上で極めて重要なステップであると述べました。

Wiest氏は、CCPITの博覧会開催への努力に満足感を示し、国際貿易の秩序ある発展に貢献する効果的で専門的なプラットフォームであると述べました。

第2回CISCEは2024年11月26日から30日まで北京で開催される予定で、先進製造業、インテリジェント自動車、グリーン農業、クリーンエネルギー、デジタル技術、健康生活、サプライチェーン・サービスの展示エリアが設けられます。地元企業からグローバル企業まで400社以上が参加を表明しています。

CISCEの最新情報については、https://en.cisce.org.cn/をご覧ください。

 

 

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202406252682-O3-C8xaCIbH

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202406252682
提供: