和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月17日(水)

眞栄田郷敦、バス周遊で渋谷騒然 高橋文哉&板垣李光人&桜田ひよりとシースルーバス乗車

映画『ブルーピリオド』渋谷がい旋バスツアーに参加した(左から)板垣李光人、眞栄田郷敦、高橋文哉、桜田ひより (C)ORICON NewS inc.
映画『ブルーピリオド』渋谷がい旋バスツアーに参加した(左から)板垣李光人、眞栄田郷敦、高橋文哉、桜田ひより (C)ORICON NewS inc.
 俳優の眞栄田郷敦(24)、高橋文哉(23)、板垣李光人(22)、桜田ひより(21)が10日、映画『ブルーピリオド』(8月9日公開)渋谷がい旋バスツアーに参加し、東京・渋谷の街を周遊した。ORICON NEWSでは、バスツアーに同乗し、その様子を伝える。

【写真】気迫たっぷり!映画『ブルーピリオド』をアピールする高橋文哉

 渋谷の街にシースルーのバスが現れると、キャスト到着前からバス周辺には人だかりができた。歓声で迎えられたキャストたちは、バスに乗車。映画の舞台でもある渋谷の街中をライブバスで周遊し、歩道が埋まるほどの盛り上がりの中、今作をアピール。今年の夏に挑戦したいことを語り合うなど、仲むつまじい姿を見せた。

 周遊中には、サプライズもあった。観客に紛れ、眞栄田の父役を演じたやす(ずん)がサプライズで登場。眞栄田との再会を喜んだ。周遊終盤では、映画の30秒PR合戦も。やすの判定で「親バカですね」と、眞栄田が勝利した。

 今作は、山口つばさ氏による同名漫画が原作。成績優秀だが、空気を読んで生きる日々に物足りなさを感じていた高校生の矢口八虎(眞栄田)が、1枚の絵をきっかけに美術の世界に本気挑み、国内最難関の美術大学を目指して奮闘していく物語となっている。

【試読】「ブルーピリオド」の電子書籍
【動画あり】高橋文哉“ユカちゃん”の案内で美術室(セット)を公開
【画像】眞栄田郷敦が撮影した全員女子に見える!?『ブルーピリオド』思い出写真
【画像】八虎の挑戦を側で見守る佐伯先生と大葉先生
【画像】「勝利」眞栄田郷敦 自筆
提供:oricon news